中東の要約記事を毎分お届け配信中!

WGSの使命は、進歩と発展のための機会に焦点を当てることです:モハマド・アル・ガーガウィ

サイトを見る

ワールドガバメントサミットの開催

モハマド・ビン・アブドゥッラー・アル・ガルガウィ大臣は、ワールドガバメントサミット(WGS)の目的は、チャンスと進歩の広大な領域に焦点を当てることであると述べました。彼はまた、政府は常に優先事項を整理し、世界を論理的に見るための年次の休憩が必要であり、私たちの焦点と意識が私たちの努力の方向と、最終的には私たちの未来の創造方法を決定すると強調しました。

楽観的な展望の呼びかけ

アル・ガルガウィ氏は、ワールドガバメントサミットの参加者に、現在の困難な現実を超えて、将来の世代のために確保できる最良で最も繁栄した未来に目を向けるよう呼びかけました。彼はまた、この重要な年次の集まりを通じて、私たちは多くの問題と課題の世界の見方を変える上で重要な役割を果たすことができると述べました。

世界の未来を4つの数字で表す

アル・ガルガウィ氏は、経済、政治、メディア、社会などの分野での世界のトレンドを表す4つの数字を紹介しました。彼はこれらの数字が世界の未来に与える影響は、政府、組織、企業、思想リーダー、個人などが今日行う決定に依存すると述べました。

AIの台頭

アル・ガルガウィ氏は、AIの学習能力がたった1年で1000倍に増加したことを指摘しました。彼はまた、人間の生産性がこの技術を使用して想像したすべてを超えると予測されているため、この技術は「メディアの誤情報」と誤解を拡散することが人類にとって最大の課題の一つになると警告しました。

グローバリゼーションの衰退

アル・ガルガウィ氏は、グローバリゼーションの衰退とそれに伴うコストとリスクの長いリストを指摘しました。彼はまた、グローバリゼーションを国益や地域経済の脅威ではなく、開発の主要なドライバー、経済的価値の創造者、商業の機会と人間と文化のコミュニケーションの源泉として見る必要があると強調しました。

ワールドガバメントサミットの成功への期待

アル・ガルガウィ氏は、ワールドガバメントサミットが新たな優先事項と選択肢を創造し、世界の注目をすべての利益のための大きな機会に再集中させることに成功することを期待しています。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です