中東の要約記事を毎分お届け配信中!

UAE:フィリピン人の母が7人の子供と共にガザから逃れ、パレスチナ人の夫と再会を望む

サイトを見る

パレスチナ人の家族がUAEに移住するための支援を求めています

パレスチナ人のアムジャドさんは、44歳の誕生日を迎えるにあたり、妻と7人の子供をUAEに連れてくることを切望しています。

彼のフィリピン人の妻、マーレンさん(45歳)と15歳、13歳、11歳、9歳、7歳、5歳、3歳の子供たちは現在フィリピンにいます。彼らは昨年11月にフィリピン政府によってガザでの戦争から避難させられた人々の中にいました。

避難した家族と同様に、マーレンさんと子供たちはフィリピン政府から約1,400ドルの現金支援を受けました。彼らは数日間ホテルに一時的に滞在しましたが、その後は自分たちで住居を探す必要がありました。

資金が底をつきつつある

マーレンさんと彼女の7人の子供たちは、フィリピン・パレスチナ友好協会(PPFA)のメンバーに支援されています。彼らはマニラ首都圏外のカビテにある部屋を借りており、マーレンさんはKhaleej TimesのZoomチャットで資金が底をつきつつあると語りました。

マーレンさんは「さらに悪いことに、子供たちはまだ戦争のトラウマを抱えています」と付け加え、「夜に金属製の扇風機の音が聞こえると、私の若い息子たちは涙を流しました。それはドローンの音に似ていたからです。私の2番目の子供も夜中に目を覚まして泣きました。彼らは花火や飛行機の音が怖かったのです。」と述べました。

マーレンさんと子供たちは、イスラエルが攻撃をエスカレートさせたとき、ガザ地区の中央に位置するデイル・アル・バラに住む義理の両親と一緒に住んでいました。彼らは激しい爆撃を逃れるため、着ている服と合わないスリッパ、パスポートが入ったバッグだけを持って家を急いで出ました。

緊急キット

彼女は「そのバッグは私たちの緊急キットでした。私は過去2年間、4回の断続的な紛争と空爆を経験しており、近所の人々から警戒サイレンが鳴ったらパスポートをすべて1つのバッグに入れて持って逃げるように言われていました。」と付け加えました。

爆撃で誰も死亡しなかったが、マーレンさんは腹部近くに破片を受けました。マーレンさんと子供たちは10月15日に南ガザのラファで避難所を求めました。75歳と73歳の義理の両親は残ることを決めました。

ラファの状況も変わらず、2週間後に再びデイル・アル・バラに移動しましたが、再び空爆を経験しました。マーレンさんと子供たちは再び無事に逃れることができ、エジプトとの国境が開かれ、最初の避難民の一団が避難されるまで再びラファに移動しました。

マーレンさんと彼女の7人の子供たちは昨年11月10日にフィリピンに到着しました。義理の両親はデイル・アル・バラに残ることを決めました。彼らにとっては、ラファへの20kmの旅も大変すぎるからです。

マーレンさんは次のように語りました。「義理の両親はどんな運命が彼らに訪れても受け入れる覚悟ができていました。その後、私たちの家は3回目に爆撃され、73歳の義母は恐怖で床に横たわりました。彼女は逃げることができず、体が震え、横たわって祈りました。幸いにも、義父が到着し、彼女を無事に家から引きずり出しました。5階建ての建物は地面に倒壊し、2人だけが滞在している部屋だけが残りました。」

優秀な学生

しかし、マーレンさんにとってはすべてが悪いニュースではありませんでした。彼女の長女は非常に優秀な学生で、スイスの大学で奨学金を獲得し、高校から大学まで学び続ける予定です。

しかし、パレスチナ人口の90%が避難し、これまでに2万2000人以上の命が失われた報復戦争により、6人の年少の子供たちの学校生活は完全に混乱しました。マーレンさんの子供たちはアラビア語と英語しか話せないため、フィリピンの学校に通うことはできませんでした。彼らはすべてUAEで生まれ、アジュマンのアル・ヒクマスクールで学んでいました(5歳と3歳の子供たちはまだ学校に入っていません)。

マーレンさんの7人の子供のうち、長女以外はすべてUAEで生まれました。彼らは2020年までシャルジャに住んでいましたが、パンデミックのためにガザに滞在し、滞在ビザが切れてしまいました。アムジャドさんだけが2021年に国で仕事を見つけて帰国することができました。

故郷への帰還

「しかし、ガザでの生活は私の家族にとって良いものになりました。子供たちはそこで本当の家を見つけたのです」とマーレンさんは切なげに語り、「彼らは自分たちが属していると感じ、いとこたちと一緒に暮らして幸せでした。学校に通い、新しい友達を作りました。彼らは幸せでした…戦争が起こるまで。」と付け加えました。

アムジャドさんは現在、家族全員をUAEに連れてくるために取り組んでいます。彼は慈善団体や学校当局からの支援を求め、子供たちを学校に通わせる手助けをしてもらうことを願っています。

彼はまた、いつか故郷に戻ることができる日を祈っています。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です