中東の要約記事を毎分お届け配信中!

UAE:シェイク・モハメドがドバイで開催された世界政府サミットでエジプトの首相と会談

サイトを見る

ドバイで開催されたワールドガバメントサミット2024で、アラブ首長国連邦(UAE)の副大統領兼首相であるモハメド・ビン・ラーシド・アール・マクトゥーム王子は、エジプトのモスタファ・マドブリ首相と会談しました。

この会談では、UAEとエジプトの歴史的な関係について話し合われ、両国の人々の福祉や地域および国際的な舞台での目標の推進方法に焦点が当てられました。

モハメド・ビン・ラーシド王子は、マドブリ首相とその一行を歓迎し、UAEとエジプトの関係の重要性と長い歴史を再確認しました。また、エジプトのワールドガバメントサミットへの参加に感謝の意を表し、その指導者と人々により大きな進歩と繁栄を祈りました。

マドブリ首相は、両国間の歴史的な結びつきの深さを強調し、UAEのワールドガバメントサミットの模範的な組織とその目標に対する世界的な反応と、政府の機能向上と発展、繁栄、将来志向の戦略の促進に対する称賛を述べました。

ワールドガバメントサミット2024では、140の政府、85の国際機関、700のグローバル企業からの4,000人以上の専門家が参加し、110以上の基調講演、パネルディスカッション、インタラクティブセッションが行われます。また、200人以上の国際的なスピーカーが自分の見解を共有し、300人以上の閣僚が参加する23の閣僚会議と執行部会も開催されます。

さらに、モハメド王子は、ワールドガバメントサミットの初日に経済協力開発機構(OECD)の事務総長であるマティアス・コーマンとも会談しました。この会談では、世界経済の問題やUAEとOECDの強い関係、OECDが国際舞台での開発イニシアチブの推進に果たしてきた注目すべき貢献について話し合われました。

モハメド王子は、OECDの経済進展の促進、国際貿易の促進、雇用創出の推進、すべての国とその人々の包括的かつ持続可能な発展を促進する経済政策の提唱における役割を称賛しました。コーマン事務総長も、UAEとOECDの間でのさまざまな重要な開発分野での実りある協力を強調し、UAEが最高水準のビジネスガバナンス基準を遵守する先進的な経済拠点であることを考慮して、この関係をさらに強化することにOECDが取り組んでいることを強調しました。

OECDの事務総長はまた、ワールドガバメントサミットが、世界中の政府間の強力なパートナーシップを促進し、将来の機会と課題を予測し、社会的な繁栄を向上させ、世界中の政府のリーダーシップの知識とスキルの発展を支援するためのグローバルな取り組みを調整する役割において、強力なパートナーシップを促進していることを称賛しました。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です