中東の要約記事を毎分お届け配信中!

UAE法人税:企業は「支店」ライセンスに注意を払う必要があります

サイトを見る

法人税の新時代が始まる

1月から12月までの会計年度を採用している企業は、法人税の時代に突入する。法人税の申告期限は2025年9月だが、いくつかのポイントを早めに確認する必要がある。

税金登録の重要性

税金登録は、個人や企業を登録納税者として認識させる。オンライン登録手続きは簡単で、当局は早期の登録を奨励している。当局が申請を審査し、フィードバックを提供するために十分な時間が確保される。

エマラタックス技術による税金登録

エマラタックス技術により、法人税の登録は以前に提出された付加価値税(VAT)の情報を複製する。タイムリーな申請により、VATの登録や関連情報に気付かなかった問題点を特定するのに役立つ。これらの問題点は、法人税の登録が承認される前に修正する必要がある可能性がある。

ライセンスのカテゴリー

会社が長年にわたって運営されてきたライセンスのカテゴリーは、オーナーや監査人を驚かせることがある。UAEの会社の支店は、特に他のエミレーツにまたがる場合、本社のライセンスの拡張部分に過ぎない。

2024年に会社を閉鎖する予定ですか?

法人税に登録することに抵抗を感じるビジネスオーナーもいるようだ。将来の出来事に対する抵抗はしばしば面白いものだ。2024年に会社を清算する予定のオーナーは、登録を回避できると誤解しているようだ。

フリーゾーンの税制優遇措置

「指定地域」と見なされないフリーゾーンから営業する商品トレーダーは、適格な商品の取引から得られる所得に対して0%の税率の優遇措置を受けることが最近認められた。

適切な実態

フリーゾーンの税制優遇措置の対象となる場合、企業は適切な実態を維持する必要がある。適切な実態要件を満たすためには、重要な再編成が必要となる。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です