中東の要約記事を毎分お届け配信中!

UAE法人税:「税務グループ」の形成に関するガイドラインが発行されました – 企業はどうすべきですか?

サイトを見る

UAEの法人税制度における新たなガイドラインが発表されました

UAEの法人税制度において、企業が「税務グループ」を作成することができるガイドラインが発表されました。

「税務グループ」のステータスでは、親会社と子会社は毎年統一された法人税申告書を提出することができます。

ガイドラインによれば、税務グループは、親会社またはその主要株主が各子会社の95%以上の株式を所有している場合にのみ形成することができます。

また、税務グループの条件は、親会社と子会社が財務年度全体を通じて条件を継続的に満たしていることが求められます。また、資格を持つフリーゾーンの企業は税務グループを形成することができません。

税務グループを形成することにより、企業は複数の事業体の損失を他の事業体の利益と相殺することができます。

税務グループを形成するためには、親会社が各子会社の株式の少なくとも95%を直接または間接的に所有していること、親会社が各子会社の投票権の少なくとも95%を直接または間接的に所有していること、親会社が各子会社の利益と純資産の少なくとも95%を受け取る権利を持っていることが必要です。

なお、UAEのVAT要件では、子会社を持つ企業は税務グループを形成することができましたが、共通の株式保有率は50%でした。

税務グループを形成する際には、明らかな利点だけでなく、ケースバイケースで慎重に検討する必要があります。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です