中東の要約記事を毎分お届け配信中!

UAEの仲介がロシア・ウクライナの戦争捕虜交換に役割を果たす

サイトを見る

ウクライナとロシア、捕虜の交換を実施

ウクライナとロシアは、約5か月ぶりに捕虜の交換を行いました。モスクワは、UAEの仲介を経て複雑な交渉が行われたと述べ、各国が200人以上の捕虜を解放しました。

ロシアの国防省によると、ウクライナからは248人の軍人が引き渡されました。キエフは、これまでで最大の捕虜交換であるとし、224人の兵士と6人の市民を帰国させたと発表しました。

ウクライナの捕虜調整センターも、UAEの役割を認めていますが、詳細は明らかにしていません。

ウクライナとロシアは、2022年2月のロシアの侵攻以来、対話のないまま多くの捕虜交換を行ってきましたが、2023年には交換のペースが減少し、最後の交換は8月初旬に行われました。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です