中東の要約記事を毎分お届け配信中!

UAEにおける不安定な天候:民間企業に在宅勤務を許可するよう指示

サイトを見る

UAEの企業に在宅勤務を促す

UAEの民間企業は、2月12日(月曜日)の不安定な天候のために従業員に在宅勤務を許可するように求められています。UAEの労働省は、天候部門が危険な状況を示す警報を発したため、柔軟な勤務パターンを適用するよう企業に指示しました。

労働省は声明で、「必要な措置を講じる必要があります。必要な場合には屋外での作業が再開される場合、職業安全衛生要件に準拠していることを確認する必要があります。また、屋外での作業場所への通勤中の労働者の健康と安全も確保する必要があります」と述べています。

連邦政府職員には在宅勤務の日が設定される

UAEの連邦政府職員は、2月12日(月曜日)を在宅勤務の日とすると連邦政府は発表しました。ただし、職場での物理的な出勤が必要な職種を除きます。

ドバイの政府職員も2月12日に在宅勤務が許可されました。この決定は、ドバイの全政府機関の従業員を対象としており、職場への出勤が必要な仕事を除外しています。

UAEの住民に警告が発令される

日曜日には、アブダビ、ドバイ、シャールジャ、フジャイラ、アジマーン、ラアス・アル・ハイマで雷と共に中から大雨が降り、7つのエミレートのうち6つで中程度から大雨が降ったため、UAEの住民に悪天候の警告が発令されました。

内務省は、国内で雨や風、雷、落雷、雹が様々な強度で発生していると述べました。不安定な状況により、道路上の水平視界が低下しています。

学校には遠隔学習を促す

UAEの私立学校、保育園、大学は、2月12日(月曜日)に学生に遠隔学習のオプションを提供するようにKHDAから助言を受けました。

不安定な天候の中で、保護者、教職員、学生のニーズを考慮しながら、柔軟な学習オプションを検討するよう機関に助言されています。

一方、政府学校は月曜日に学生に遠隔学習を義務付けるよう命じられており、荒れた天候の状況を考慮しています。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です