中東の要約記事を毎分お届け配信中!

S&Pグローバル:ドバイの企業は新たな受注が増える中、雇用を維持し続ける

サイトを見る

ドバイの企業、注文増加に伴い雇用拡大と賃金上昇

2023年の最終週に注文が増えるにつれて、ドバイの企業はスタッフ数を増やし、人材を引き留めるために賃金を引き上げています。これにより経費は上昇しましたが、現時点ではドバイの企業はその費用を吸収することができるようです。

ドバイの企業、新規雇用を急増させる

ドバイの企業は、12月における新規雇用が4か月ぶりの最速ペースで増加しました。非石油企業は「事業拡大と生産要件の達成のための取り組み」として新規雇用の理由を挙げています。2023年は、小売り、旅行、銀行、テクノロジー、建設など、ほとんどの業界で雇用が活発であったとされています。

ドバイの12月PMI

2023年の最終月におけるドバイの民間部門活動のPMIスコアは57.7で、11月の56.8から上昇し、「成長と収縮を分ける50.0の基準を大幅に上回っています。」12月の読み取りは2022年8月以来の最高値であり、4.5年ぶりの2番目の高さです。PMIは、企業の支出計画、雇用目標、コストに基づいています。

2024年に向けての期待

ドバイの企業は2024年の見通しについて楽観的な気持ちを抱いています。最近のプロジェクトや受注の獲得がその一因となっています。S&P Global Market Intelligenceのシニアエコノミスト、デビッド・オーウェン氏は、「改善により、11月には(ドバイの)企業が2024年の注目すべきリスクとして激しい価格競争を挙げたことから、ビジネスの期待がわずかに上昇しました。」と述べています。

コストの緩和

2023年の最終月において、低い物資と燃料コストにより、企業にとって最大の収穫はインフレ圧力の低下でした。ただし、企業の財務コストはまだ高い水準にあり、これは企業が将来的に良い状況を望む一つの領域です。米連邦準備制度理事会からのこのような発表は役立つでしょう。供給側では、「低い物資価格により、企業はベンダー料金を引き下げることができました。」とのことです。

続報をお楽しみに…

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です