中東の要約記事を毎分お届け配信中!

RTAが「共同洪水対策室」を立ち上げ、雨水の蓄積に対処します。

サイトを見る

ドバイの道路・交通局が洪水対策のための共同管理ルームを開設

ドバイの道路・交通局(RTA)は、洪水時の水の蓄積に対処し、交通と各種交通手段を監視・管理するための「共同洪水管理ルーム」を、最大かつ最も洗練された制御センターの一つであるエンタープライズコマンド&コントロールセンター(EC3)に開設しました。この共同ルームは、ドバイ警察総本部、ドバイ市役所、ムハンマド・ビン・ラシッド住宅建設、主要開発地域の代表者との協力のもとに開設されました。このルームでは最新の技術を使用して、洪水時の道路と交通への影響に対処するための対応計画を監視し、現地チームとリソースの割り当てを調整しています。

ドバイの洪水対策におけるRTAの取り組み

この取り組みは、関係者との協力によるものであり、RTAはドバイを世界で最もスマートな都市の一つにするための指導者の指示を実施し、サービスレベルと円滑な移動を向上させ、すべての道路利用者の安全と安全を確保するというRTAの取り組みを反映しています。

ドバイの天気予報と洪水対策の向上

RTAは、国立気象センターとの連携により、ドバイの天気予報と雨の増強に関する情報収集を積極的かつ正確に改善しようとしています。これにより、RTAと関連チームは洪水時の水の蓄積に対処するための準備を強化し、特に道路利用者に対して情報提供と警告メッセージを放送することができます。

洪水対策のためのRTAの技術と準備

RTAは、ドバイの主要道路での大雨による水の蓄積に対する対応効果と回復時間の改善を図るため、さまざまな技術を活用しています。具体的な例としては、水の蓄積が確認されたエリアを示すヒートマップ(GISマップ)や、市内の主要道路の雨水たまりのあるエリアの91%をカバーする450台の監視カメラからのライブ映像を表示するビデオウォールスクリーン、監督および現場チームに必要なリアルタイム情報を提供するCITADELコミュニケーションプラットフォーム、監視カメラで監視されていないエリアをカバーするために制御室に接続された監視カメラを備えたモバイルコマンド車両(MCV)などがあります。

共同ルームの効果と成果

共同ルームは、雨期の積極的な準備を促進し、パートナー間の協力を促進し、情報を一元化することにより、チームとリソースの展開に関する意思決定を迅速化しました。その結果、以前の期間と比較して、対応と回復時間が36%改善されました。

RTAの情報提供と警告メッセージ

RTAは、ドバイの主要道路のダイナミックメッセージサインを介して、国立気象センターの情報に基づいた慎重さと安全な運転の必要性を強調する予防的なメッセージを、公共に提供することに注力しています。また、天候条件が道路網と交通手段に与える影響に関する警告メッセージも、公共に対してソーシャルメディアを通じて発信されます。ドライバーへの即時の警告も、ドバイの主要道路のダイナミックメッセージサインで表示されます。

洪水対策のための共同ルームの運営

洪水時の水の蓄積に対応するために設立された共同ルームは、8,000 km以上に及ぶ道路を含む交通ネットワークを管理するエンタープライズコマンド&コントロールセンターの一部であり、リアルタイムの統合を可能にする34の技術デバイスに接続された53平方メートルの巨大スクリーンを備えた中央制御室を特徴としています。さらに、EC3は7,000以上の監視カメラからの映像を処理し、インシデントや危機の管理に人工知能を使用しています。また、計画、移動管理、人員管理に携帯電話のデータを使用しています。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です