中東の要約記事を毎分お届け配信中!

RTA、nolシステムのアップグレードにAED350mの契約を授与

サイトを見る

ドバイの交通局がnolカードベースのチケットシステムをアップグレードする契約を締結

ドバイの交通局(RTA)は、既存のnol(カードベースのチケットシステム)を洗練された中央ウォレットテクノロジー(アカウントベースのチケットシステム)にアップグレードする契約を授与しました。このプロジェクトは、RTAのデジタル戦略ロードマップ2023-2030の主要な成果物の1つであり、昨年12月に発表されました。この戦略は、データへの最適な投資によって推進される柔軟で100%スケーラブルなデジタルインフラストラクチャの開発を目指し、RTAをデジタルトランスフォーメーションの世界的な先駆者と位置付けることを目指しています。

アップグレードによる利点と特徴

このプロジェクトは、ドバイの交通モード全体でシームレスな統合を保証する中央集権型の交通運賃ウォレットテクノロジーを活用したデジタル決済システムを提供します。このシステムには、電子的および金融的なセキュリティの最も厳しい基準に合わせた支払いシステムの技術の大幅なアップグレード、システムが生成するデータの操作面の改善、および顧客の要件に合わせて細かく調整された個別のサービスや製品の提供など、多くの利点と特徴があります。

新システムの特徴

新しいシステムには、旅行計画、予約、スマートチャネルを介した事前支払いなどをサポートする革新的な機能がいくつかあります。また、家族やグループのチケットの発行を含む統合パッケージを提供します。さらに、スマートデバイスを介した支払いや顔認識などの人工知能技術を活用しています。このシステムは、口座残高、利用履歴、チケット価格、運賃計算などの情報への直接アクセスを提供し、ユーザーがアカウントを簡単に管理し、紛失したカードに関連する問題を処理するなど、多くの機能によりユーザーエクスペリエンスを向上させます。

セキュリティとデータ利用

新システムでは、発行されたすべてのカードを個々の顧客アカウントおよび企業や複数ユーザーエンティティのアカウントにリンクさせることで、個人情報や顧客データのセキュリティを向上させ、プライバシー保護を確保しています。また、システムの運用プロセスの改善やシステムのパフォーマンスの監視など、運輸ネットワークオペレーターのニーズに対応する機能を提供しています。さらに、このデジタル決済システムは、旅行の出発地と目的地などのさまざまなデータポイントに基づいたデータの活用と分析を行い、研究開発活動の向上、拡大戦略の予測、ユニークで革新的なサービスの設計を支援します。

nolカードの歴史と将来展望

RTAは、2009年9月9日にnolカードを導入し、ドバイメトロの開業と同時にサービスを開始しました。このカードは、公共交通機関の利用やドバイ全域での公共駐車場料金の支払いを容易にしました。2017年には、RTAはnolサービスの範囲を拡大し、小売店での支払いサービスやドバイのさまざまな公共および私立施設の入場料金の支払いも可能にしました。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です