中東の要約記事を毎分お届け配信中!

Netflix映画部門の責任者、スコット・スターバー氏が独立して自社を立ち上げるため退任

サイトを見る

Netflixの映画部門の責任者が退社し、独自のメディア会社を設立することを発表

Netflixは、映画部門の責任者であるScott Stuberが、独自のメディア会社を設立するために3月に退社すると発表しました。

後任はまだ決まっていません

Stuberは2017年にNetflixに入社し、オリジナル映画のラインナップを拡大するための取り組みを行ってきました。彼は2023年1月にNetflix Filmの会長に任命されました。

Netflixはアカデミー賞で最もノミネートされたスタジオとなる

Stuberの指導の下、Netflixは2020年から2022年までの3年連続でアカデミー賞で最もノミネートされたスタジオとなり、『アイリッシュマン』、『ROMA』、『The Power of the Dog』など8つの作品が最優秀作品にノミネートされました。StuberはNetflixの才能に大きな賭けをし、Johnson監督の『Knives Out』の続編2作品に4億5000万ドル、Russo兄弟のアクション映画『The Gray Man』に2億ドル以上を投資しました。

Stuberの新しい事業はNetflix向けのプロジェクトも手がける予定

Bloomberg Newsの報道によると、Stuberの新しい事業はNetflix向けのプロジェクトも手がける予定です。

Netflixは第4四半期の業績を報告予定

Netflixは火曜日のベル後に第4四半期の業績を報告する予定です。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です