中東の要約記事を毎分お届け配信中!

NASAが火星のミニヘリコプターとの通信を回復

サイトを見る

NASAの火星ヘリコプター、通信回復

NASAは、予期せぬ通信障害により、火星で働き続けていたヘリコプターがついに終わりを迎えたのではないかという懸念が広がった後、火星の小さなヘリコプターと再び連絡を取り合うことができたと述べました。

火星で初の自律飛行を達成したドローン

Ingenuityは、高さ約1.6フィート(0.5メートル)のドローンで、2021年にローバーPerseveranceとともに火星に到着し、他の惑星で初めて自律的に飛行したモーター駆動の航空機となりました。

通信障害の解消

ヘリコプターからのデータはPerseveranceを介して地球に送信されますが、木曜日のテスト飛行中に通信が突然途絶しました。しかし、NASAのジェット推進研究所(JPL)は土曜日の遅い時間に「良いニュース」として、PerseveranceにIngenuityの信号を長時間受信するように命じることで、ついにヘリコプターとの連絡が取り戻されたと発表しました。

新たなデータの解析

JPLは、「チームはFlight 72中の予期しない通信の途絶についての新しいデータを解析しています」と述べ、IngenuityがFlight 72で高度40フィート(12メートル)に到達したことを以前に発表していました。しかし、降下中に「ヘリコプターとローバーの間の通信が着陸前に早期に終了した」とも述べています。

再飛行の可能性は未定

Ingenuityが再び飛行することができるかどうかについて、JPLは土曜日に「新しいデータを評価する必要がある」と述べました。NASAは以前にもヘリコプターとの通信を失っており、昨年は2か月間も連絡が途絶えていました。

驚異的な耐久性

この4ポンド(1.8キログラム)の小型ローター機は、元々の目標である30日間の5回の飛行を遥かに超えており、火星で10マイル(17キロメートル)以上を飛行し、最大79フィート(24メートル)の高度に到達しました。太陽電池パネルによって昼間にバッテリーを充電し、氷点下の火星の夜を生き抜く必要があるため、その耐久性は驚くべきものです。

火星探査のための空中偵察

Perseveranceと協力して、Ingenuityは地球外微生物の古代の存在の可能性を探るため、車輪付きの仲間を支援する空中偵察機として活躍しています。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です