中東の要約記事を毎分お届け配信中!

IHC、資産額が1000億ディルハムを超える持株会社2PointZeroの設立を発表

サイトを見る

アブダビの国際持株会社が2PointZeroの移管を承認

アブダビに拠点を置く国際持株会社(ADX:IHC)は、火曜日に、多様でダイナミックな企業から成る次世代持株会社である2PointZeroの移管を承認したと発表しました。

2PointZeroは多様なセクターをカバーし、資産規模は1000億ディルハムを超える見込み

共通の管理下にある企業のビジネス組み合わせにより、2PointZeroが形成されました。この持株会社は、1000億ディルハムを超える印象的な資産規模を誇ります。プレスリリースによると、全ての規制承認を得た後に移管が完了する予定です。

2PointZeroは革新的な進展を目指す次世代持株会社

IHCの会長であるタフヌーン・ビン・ザイード・アル・ナヒヤンは、「2PointZeroの設立を発表できることを誇りに思います。この次世代持株会社は、多様なセクターで先駆的な進展を遂げる存在です。2PointZeroは未来を受け入れ、世界的な変革をもたらすことにコミットしています。

「私たちのテクノロジーと人工知能(AI)への献身は、金融サービス、投資銀行業務、資源管理など、産業を再定義するソリューションの開発に表れています。私たちのビジョンは国境を超え、私たちの使命は持続可能なエコシステムを構築し、コミュニティを力づけ、技術の卓越性を育み、金融の強靭性を確保することです。」

2PointZeroは業界のリーダーを結集

2PointZeroは、キメラ・インベストメンツ、ルナテ・キャピタル、ベルトン・ホールディングス、インターナショナル・リソーシズ・ホールディング(IRH)、サガス・インベストメンツ、シタデル・テクノロジーズなどの業界のリーダーを一つの傘下に結集しています。

IHCは中東で最も価値のある持株会社に成長

IHCは1998年に設立され、UAEの非石油ビジネスセクターの多様化と発展を目指す取り組みの一環として始まりました。現在、IHCは中東で最も価値のある上場持株会社であり、2021年9月30日時点で8790億ディルハムの時価総額を誇っています。

2PointZeroのポートフォリオはデジタルと暗号通貨のエコシステム、資源管理などに注力

2PointZeroのポートフォリオは、デジタルと暗号通貨のエコシステム、資源管理などにおける卓越性と戦略的成長へのコミットメントを反映しています。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です