中東の要約記事を毎分お届け配信中!

AIが待ち望まれたCES 2024の集まりで古いトレンドに新たな息吹を与える

サイトを見る

AIがCESの注目を集める

新型コロナウイルスのパンデミックの影響でオンラインイベントとなった2021年のConsumer Electronics Show(CES)は、今年は復活の兆しを見せている。人工知能(AI)が自転車からベビーボトルまであらゆる製品に組み込まれている。

出展者と来場者数が増加

CESは、火曜日にラスベガスで正式に開幕し、3,500以上の出展者と約130,000人の来場者が予想されている。Covid-19パンデミックの影響で2021年はオンラインイベントとなったが、出展者と来場者数は毎年増加している。

AIが製品の主役

今年のCESでは、AIが製品の主役となると予想されている。AIのモデルは前回のCES以降大幅に改善され、OpenAIのChatGPTの登場以来、消費者に有益な方法で活用されている。

AIがあらゆる製品に応用される

CESで展示される革新的な製品には、Lumenが開発した視覚障害者向けの技術を搭載したメガネや、Shift Roboticsの最新のMoonwalkersシューズなどがある。AIは家庭、音響システム、自動車、テレビ、ベビーボトル、ベッドなど、さまざまな製品に応用される予定だ。

自動車技術の進化

LGなどのメーカーによる驚くべきテレビの展示に加えて、自動車の革新も披露される予定だ。自動車は消費者向けの電子機器となり、多くの発表が行われるだろう。

持続可能性の進化

従来よりも持続可能性が重要なトレンドとなる見込みであり、環境に優しいパッケージやリサイクル材料の使用、充電式バッテリーなど、より多くの企業が持続可能な実践を取り入れる予定だ。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です