中東の要約記事を毎分お届け配信中!

97歳で亡くなった『ムーンストラック』『夜の大捜査線』の監督、ノーマン・ジューウィン

サイトを見る

カナダの映画監督ノーマン・ジューソン氏が97歳で亡くなる

カナダの映画監督ノーマン・ジューソン氏が、97歳で亡くなった。彼は1967年の人種問題を描いた映画「In the Heat of the Night」や、1987年のロマンティックコメディ「Moonstruck」、1971年のミュージカル「Fiddler on the Roof」など、多様なジャンルの傑作を手掛けたことで知られている。

ジューソン氏の功績

ジューソン氏の映画は46回のアカデミー賞ノミネーションを受け、12回の受賞を果たした。彼の作品「In the Heat of the Night」は、1967年のアカデミー賞で最優秀作品賞を受賞した。また、彼の1987年の作品「Moonstruck」は、ハリウッドで最も人気のあるロマンティックコメディの一つとなった。

ジューソン氏の人生と作品

ジューソン氏は若い頃にアメリカを旅し、南部で黒人に対する白人の人種差別を目の当たりにした経験が、彼の映画に大きな影響を与えた。彼は「In the Heat of the Night」や「A Soldier’s Story」、「The Hurricane」といった人種問題を描いた映画を制作し、多くの映画ファンに衝撃を与えた。

ジューソン氏の政治的な立場

ジューソン氏はリベラルな立場を公言し、1960年代の市民権運動に参加し、元アメリカ司法長官のロバート・ケネディや市民権運動の英雄マーティン・ルーサー・キング・ジュニアとも交流があった。しかし、彼の映画「The Russians Are Coming, the Russians Are Coming」は保守派の俳優ジョン・ウェインから批判を浴びた。

ジューソン氏の映画監督としてのキャリア

ジューソン氏は12人の俳優をアカデミー賞にノミネートし、スティーガーは「In the Heat of the Night」で、シェールとオリンピア・ダッカスは「Moonstruck」で受賞した。彼は自身の映画のほとんどを製作し、他の監督の作品も手掛けた。彼はまた、カナダのテレビディレクターとしても活躍し、ジュディ・ガーランドなどのスターと共にテレビ番組を制作し、3つのエミー賞を受賞した。

ジューソン氏の最後の言葉

ジューソン氏は1999年のIrving G. Thalberg Memorial Awardの授賞式で、「若い映画作家たちへのメッセージは、ただ良いストーリーを見つけることだ。最も興行的な映画が必ずしも最高の映画ではない。だから、私たちを笑わせ、涙させ、そして私たち自身についての真実を少しでも明らかにするようなストーリーを語ってほしい」と語った。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です