中東の要約記事を毎分お届け配信中!

2024年にUAEの企業は本格的な成長を迎えるのか?彼らは2023年を好調に終えた:S&Pグローバル

サイトを見る

UAEの企業、2023年をプラスで終了

UAEの企業は、2023年をプラスで終了することができました。コストがかなり下がったため、今年に向けて良い準備ができました。これにより、COVID-19の影響を完全に克服することができました。

UAEの企業、成長を期待

UAEの企業は、成長が続くことを期待しています。デイビッド・オーウェン(S&P Global Market Intelligenceのシニアエコノミスト)によれば、「(UAEの)企業は出力の大幅な増加を享受するだけでなく、センチメントデータからは、COVID-19パンデミック以前から見られた最高の予測が示されています。」と述べています。

雇用トレンドのペースは安定

雇用トレンドは安定しており、これは個人の雇用の見通しと企業にとっても良いことです。

楽観的なムードの理由

オーウェンによれば、「購買コストがほぼ1年ぶりの最低限度で上昇したため、この楽観的なムードが支持されました。賃金の圧力も緩和されているため、企業は競争力を維持するためにプロモーションを提供し、価格を下げることができました。」と述べています。

燃料と輸送コストの緩和

企業の運営コストのもう一つの重要な部分である燃料と輸送コストも緩和されています。ただし、金利の上昇による財務コストはまだ苦しんでおり、米連邦準備制度理事会が最初の利下げを行う時期が適切と判断した場合、これも緩和される可能性があります。

2024年の見通しに基づく楽観的な展望

S&P Globalの報告書によれば、企業の2024年の展望は「主に堅調な販売パイプラインに基づいています。このため、企業はスタッフのレベルを拡大し、雇用創出のペースも長期の傾向に合致しています。」と述べています。

4.5年ぶりの第2位のPMI

UAEの非石油民間部門の活動は、11月の57から12月には57.4のPMIスコアで終了しました。これは2019年6月以来のビジネス活動の主要指標であるPMIの第2位の読み取りです。S&P Globalの報告書によれば、「全体的に、指数は(UAEの)非石油民間部門の健全な改善を示し、出力と新規受注の大幅な向上によるものです。」と述べています。

金利の高さによる制約

UAEの企業は、金利が高いままであるため、可能な限り再融資を行って金利コストを低く抑えています。しかし、金利が高いままであるため、これには限界があります。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です