中東の要約記事を毎分お届け配信中!

2023年:私を無力させた年

サイトを見る

2022年を振り返り、2023年の展望

年末の最後の週は、過去の1年を振り返り、得たものや失ったものを計算し、近い将来に必要な補完や育成が必要な分野を整理する静かな時間として過ごされます。カレンダーをめくると、古い思い出は新たな決意に変わります。しかし、多くの人の場合、決意は勢いを増す前に消えてしまいます。決意を実現するには、高い意志力が必要です。

私がこの記事を書いている時点では、騒々しい1年が終わりを迎えようとしていますが、私はまだ「決意」のフェーズに十分に入り込んでいません。来年に本気で取り組むべきことや、大きな違いを生むために捨てるべきことをまだ見つけていません。私は、この1年間、自分自身を疎外され、関係のない存在に感じさせる年の二日酔いに浸っています。私の身の回りの変化や広い世界の変化によって、「所属していない」という感覚を抱きました。まるで私の人間の皮膚が光沢を失い、私がダイナミックで気まぐれな外部世界に対してランダムな他人になりつつあるかのように感じました。

AIの台頭と人間の創造性の減少

昨年、人間の生活に大きな影響を与えた最も重要な要素を考えると、特に生成型AIの台頭が目立ちます。それに伴い、創造性や真の思考が人間の本質を欠いた第三者のインターフェースを通じて素早く作り上げられたアイデアに従属するようになるという急速な変化がありました。私は自分の意見が実際には私自身の意見である必要はないと気づきました。AIが生成したアイデアの山に代理人としてなるだけで、それを自分のものとして通すことができるのです。

文章が読みにくい文を書き続けたり、自分の胎内で考え出された物語やエッセイを提供し続けた作家にとって、それは打撃でした。私の創造性は時代遅れに見え、エッセイを作り上げるために非常に多くの時間を費やすことは「非スマート」に思えました。どういうわけか、私の創造性は私の周りで急速に増え続ける優れた生成型の著作に比べて取るに足らないものになってしまいました。私の苦労して作り上げた文章は、泡立つデジタル空間では無意味な存在になってしまいました。

AIの進歩と人間の感情

AIが人間の生活において重要なツールとして進歩している様子を見ながら、AIが人間を置き換え、人間の感情を再現するまでにどれだけ進むことができるのかという点について議論しました。私は一瞬たりともAIを軽視したり、物理的な世界の未知の領域を発見する能力を疑ったりはしませんが、その影響が最終的に私たちから感情の要素を奪い取る可能性に本当に心配しています。私たちは無慈悲で自己中心的な種になる道を進んでいます。私たちは自分自身を守り、自分たちの無実を訴え、状況を責めても、競争、消費主義、資本主義、共産主義(特定の順序やさまざまな組み合わせではなく)- これらの4つの大きなCが、今まで戦ってきた他の2つの大きなCであるがんとコロナウイルスを取って代わりました。

加速する時代と変わる社会

「スローダウン」と「一時停止」が時代遅れになり、「一歩先を行く」と「ペース配分」がキーワードとなった年でした。それはミレニアル世代とZ世代の栄光の年でした。彼らはルールを書き換え、意味のある人生のための新しいコードを生み出しました。彼らは自分たちの熱狂を満たすためのガジェットやテクノロジーを持っていました。彼らは侵略する新たな領域を見つけ、飢えたヒョウのように夢を追いかけました。私のような夢が熟成し、野心が和らいだ人にとって、新しい時代の電撃戦は目が眩みました。

人間らしさの喪失とAIの台頭

私は理解できないことがあり、多くの場面で自分自身が疎外されたと感じました。従う必要やペースを保つ必要はなくなり、排除する傾向がより頻繁になりました。私の周りの生活が表面的な側面を持ち始め、デジタルの支配がさらに強化されると、私は切り離された感じがしました。真実は何か、嘘は何か-誰も教えてくれませんでした。信頼できるもの、疑うべきもの-誰も理解できませんでした。誰が友人であり、誰が敵か-誰も定義できませんでした。愛とは何か、憎しみとは何か-誰も区別できませんでした。成功とは何か、失敗とは何か-誰も輪郭を描けませんでした。

すべては主に無生物の変数に結びついていました- AI、テクノロジー、物質主義-すべてが企業のパントマイムの重要な部分になっていました。人工知能とともに人工感情が生まれ、技術が私たちの現実を奪い、時代に合わせてアップグレードしなかったり、進化しなかったりした人々は変化する状況に対して関係のない存在になってしまいました。

人間らしさの喪失と未来への懸念

2023年は、私のようなヴィンテージなキャラクターにとって、人間の生活の新たな、絶えず変化する現象に関係のない存在になったと感じさせる年でした。疎外自体は心配ではありませんが、すべての人工物に向かって進む方向の変化が心配です-私たちは最終的にどれだけ人間らしさを失ってしまうのでしょうか?私たちはどの本質的な要素を簡単に捨て去り、無生物の存在に退化してしまうのでしょうか?私たちはどれだけ早く非人間的になり、自分自身にとって関係のない存在になるのでしょうか?

(アシャ・アイヤー・クマールは、ドバイを拠点とするコラムニスト、作家、子供向けの執筆コーチです)

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です