中東の要約記事を毎分お届け配信中!

1987年のフィリピン憲法改正:何が起こっているのか?

サイトを見る

フィリピンの特別経済区(FTZ)に関する法改正の動き

フィリピンには400の特別経済区(FTZ)または輸出加工区があります。FTZシステム(特別経済区とも呼ばれる)は、税制優遇措置や関税簡素化などを提供し、外国投資家が事業の100%を所有することができるようにしています。これらの特区は雇用創出やテックセンターとして評価されています。

これらの特区は、1987年のフィリピン憲法によって定められた40%の外国人所有制限がないため、特別です。現在、国の最高法に合わせるための新たな動きが進んでいます。

フィリピン憲法の改正の要望

フィリピン憲法は37年前に制定され、これまで一度も改正されていません。しかし、現在、憲法改正の動きが再び盛り上がっています。改正の主な目的は、保護主義的な規定を撤廃することです。これにより、フィリピンの経済競争力が向上し、外国資本がさらに流入することが期待されています。

憲法改正の方法

フィリピン憲法の改正または修正は、3つの方法で行うことができます。議会による改正、憲法制定会議、国民発議(People’s Initiative)です。いずれの方法でも、国民投票による過半数の賛成が必要です。

特定の経済規定の改正

憲法改正の中でも特に注目されているのは、国民経済と財産(Article XII)、教育、科学、技術、芸術、文化、スポーツ(Article XIV)、および一般規定(Article XVI)です。これらの規定の改正により、フィリピンの経済成長がさらに促進されることが期待されています。

憲法改正への反対意見

一部の人々は、フィリピン憲法自体が問題ではなく、むしろ解決策であると考えています。特に、経済自由区域システムのさらなる拡大には制限がありません。フィリピンは広大な領土を持っており、17の地域すべてで自由区域を育成することができれば、より包括的な進歩が実現するでしょう。

今後の展開

フィリピン憲法は完璧な文書ではありませんが、より賢明な法律と改善された制度は、国の1億1700万人の住民に利益をもたらすことができます。フィリピンは多くの課題に直面していますが、経済成長のための環境整備に向けて大きな進展が見られます。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です