中東の要約記事を毎分お届け配信中!

首都を覆う煙、コロンビアが森林火災の支援を求める

サイトを見る

コロンビア、山火事による被害拡大で国際支援を要請

コロンビアは、国内各地で燃え広がる山火事に苦しんでおり、首都を煙に包まれた状況で国際的な支援を求めています。

ボゴタ周辺の山々で4日連続で火災と戦う消防士やボランティアは数百人に上り、最も被害が大きい地域では学校や大学が対面授業を中止し、エルドラド国際空港からの数十便の飛行機が視界不良のため遅延や欠航となりました。

コロンビア全土で過去数週間にわたって記録的な気温と乾燥した状態が続き、エルニーニョ現象に関連しています。

国家災害リスク管理ユニット(UNGRD)によると、これまでに6,600ヘクタール(16,300エーカー)の植生が破壊されました。

木曜日現在、コロンビアの5つの地域で31の火災が依然として燃え続けており、そのうち少なくとも3つがボゴタ周辺で発生しています。

大統領のグスタボ・ペトロは「国際援助プロトコルの発動を命じた」と述べ、アメリカ、チリ、ペルー、カナダからの支援の申し出が既にあったと発表しました。

大統領は自然災害を宣言し、予算の一部を火災対策に充てることを可能にしました。

ボゴタを含むサンタンデール県とクンディナマルカ県では、約600ヘクタールの森林が焼失したとのことです。

当局は、800万人の都市であるボゴタの空気の質が「著しい悪化」を示しており、屋外での運動を控えるよう市民に忠告しています。

多くの歩行者がマスクを着用している光景も見られます。

市議会は市民に窓を閉め、ドアの下に湿ったタオルを置くよう助言し、市長のカルロス・フェルナンド・ガランはスペイン大使と連絡を取り、状況が「より深刻になる可能性」について協議しています。

世界でも最も生物多様性に富んだ国の一つであるコロンビアでは、アライグマのような動物やヤマアラシ、鳥、カエルなど、数百匹の野生動物が熱と炎から逃れて都市部で目撃されています。

市民は消防士にお菓子や飲み物を提供し、SNSで水を置いて困っている動物に助けを求める呼びかけをしています。

「最も暑い年」との警告

コロンビアの民間航空局が共有した画像によれば、エルドラドの管制塔を白い濃い煙が覆っており、空港当局によると木曜日には48便が欠航し、16便が他の空港に迂回し、多くの便が遅延しました。

ペトロ大統領は、地球温暖化がエルニーニョの影響を悪化させていると述べ、「これは人類史上最も暑い年になるかもしれない」と述べ、水供給を優先するよう「すべての市長、すべての州知事、国政府」に呼びかけました。

彼によれば、62の自治体が水不足に直面しているとのことです。

予報によると、コロンビアの北部、中部、東部の9つの町では、通常最も寒い月にもかかわらず、最高気温が40.4度(摂氏105度)に達する記録的な暑さが続いています。

ガランによると、木曜日には消防士、兵士、警察官、ボランティアの約300人がボゴタ周辺で火災と戦っており、水を運ぶヘリコプターやドローンの支援を受けています。

彼らはまた、傾斜した丘に火災を食い止めるためにクワや耕運機を使用しています。

兵士のグスタボ・アンドレス・ベタンクールトは、困難な状況を説明しています。「いくつかの焦点はまだ活発です。抑えられていますが、高地と風のため、夜間になると新たな火災が発生し、新たな火災が発生します」と述べました。

気象研究所のイデアムによると、木曜日現在、国土の87%以上が「最大の火災リスク」にさらされているとのことです。

予報によると、乾燥した状態は6月まで続く見込みです。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です