中東の要約記事を毎分お届け配信中!

赤海の船積み費用が上昇する中、UAEのトレーダーはスムーズなラマダンの供給を確保するために事前注文を行う

サイトを見る

UAEのトレーダーがラマダンとイードの販売期間に向けて注文を急ぎ、船積み料金を確保しています

イエメンのフーシ派による商業船舶への攻撃により、紅海を通るコンテナのコストが上昇しています。これにより、船舶会社はアジアの他の港や湾、特にUAEや湾岸地域に向かう船舶を長いケープ・オブ・グッド・ホープ経由に転送しています。

船積みコストの上昇は輸入業者と消費者に影響を与えます

これにより、輸入業者は3月と4月の間にヨーロッパからの注文を交渉し、ラマダンの時期に配送することを急いでいます。これは、在庫を確保し、価格の乱高下を最小限に抑えるためです。遅延する船積みにより、輸入業者と消費者に追加のコストが発生します。

ヨーロッパの自動車ディーラーも船積みコストを確保しようとしています

自動車ディーラーは、3月と4月の配送に向けて船積みコストを確保しようとしています。ヨーロッパからの配送はケープ・オブ・グッド・ホープ経由で3週間以上かかるため、コンテナのコストが上昇しています。

紅海を避ける航路は輸入業者にとって高いコストとなります

船積み会社の情報によると、紅海とバブ・アル・マンダブ海峡を避けてケープ・オブ・グッド・ホープ経由で航行する場合、コンテナの容量が不足しており、コンテナのコストが上昇しています。これにより、輸入業者にとって高いコストとなります。

紅海の紛争状況について

先週、アメリカと他のいくつかの国は商業船舶への攻撃を許さないと警告しました。これ以降、報告された攻撃はありませんが、UAEの船舶会社は引き続き最大限の注意を払っています。

中国の春節も船積みコストに影響を与えます

ラマダンとイードの需要ラッシュの前に、中国の春節も船積みコストに影響を与えます。中国の商品が現地の港に入り、他の地域やヨーロッパの港に出荷されるため、リスクサーチャージとコンテナの容量不足により、船積みコストが上昇する可能性があります。

以上が、UAEのトレーダーがラマダンとイードの販売期間に向けて注文を急ぎ、船積み料金を確保している状況です。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です