中東の要約記事を毎分お届け配信中!

誰かの傷つける言葉は脳を再配線することができるのか? ニューロンの発火の仕組みを解説

サイトを見る

言葉の力:脳への影響

言葉には私たちの脳と体に実際の影響を与える力があります。愛や平和といった言葉は、脳の神経経路を変え、認知的な思考を高めることができます。神経学の専門家によれば、肯定的な言葉を練習し続けることで、私たちの脳に新しい神経経路が形成されます。

肯定的な言葉はできるだけ早い段階で子供の中に育まれるべきです。子供の脳は形成されやすく、さまざまな経験を通じて神経シナプスを発達させます。大人は子供の育て方に大きな影響を与えます。子供が聞く言葉や観察する行動は、彼らの神経経路を強化します。これにより、彼らの信念や習慣が形成されます。

「だから、『できるよ』といった穏やかな言葉は脳に深い影響を与えます。感情、認知、記憶を制御する領域の間の神経結合を強化します。これにより、彼らは自分の感情に立ち向かう能力を磨くことができます。一方、否定的な言葉は思考の流れを遮断します」と彼は言います。

言葉の力と行動の力

言葉だけでなく、行動も私たちの脳に影響を与えます。愛情的な行動や優しい言葉は、私たちの脳の化学物質や心拍数に変化をもたらします。一方、攻撃的な行動や否定的な言葉は、ストレスホルモンの放出を引き起こし、脳の機能を妨げる可能性があります。

研究によると、他人に憎悪の言葉を投げかけると、ストレス関連のホルモンが血液中に放出される可能性が高くなります。一方、肯定的な言葉は逆の効果をもたらすことがあります。

また、バランステストを受ける人々に対して「行け、行け、行け」という言葉をかけると、彼らのパフォーマンスが向上することが研究で示されています。スポーツの指導者が若者に励ましの言葉をかけると、彼らの身体的な活動量や喜び、気分の状態が向上することも報告されています。

言葉や行動の力は私たちの脳と体に深い影響を与えることがわかります。肯定的な言葉と行動を通じて、私たちは自分自身や他の人の生活をより良くすることができます。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です