中東の要約記事を毎分お届け配信中!

見る:アブダビのスタートアップが軍事作戦に使用される「メイド・イン・UAE」のAI搭載電気自動車

サイトを見る

UAEの軍事用電動車両に関する展示会が開催される

UAEの最大の展示会であるUnmanned Systems(Umex)とSimulation and Training(SimTex)の展示会では、UAEの軍事用電動車両に関する情報が提供されています。

AIを搭載した多目的ハイブリッド車両が注目を浴びる

アブダビに拠点を置くテックスタートアップのKintsugiは、展示会初日にその子会社Eneronが製造した多目的AI搭載ハイブリッド車両「Magnus」で注目を集めています。

Magnusは、自律走行車両、6台のドローン、AIによるロボット、2,000kgのペイロード容量、805HPの電動モーター、最高速度130km/h、電気走行距離200km、ハイブリッド走行距離800km、地上高350mm、総重量6,000kgを特徴としています。

移動型の指揮センター

完全装甲のドアがヘリコプターのように90度開くと、折りたたみ可能な後部シートを備えた6つのエクソスケルトン製のシートが現れ、装備、ロボット、ラップトップ、無線機などのための大きなスペースが確保されます。

シートの前には、車両の簡単な指揮、制御、管理のためのスマートコンソールがあります。ドローンの迅速な展開が可能であり、Magnusの装備の出し入れが容易な展開可能なランプも備えています。優れたクロスファイア防護と高い機動性により、迅速かつ正確な軍事作戦が可能です。

過酷な環境に対応した設計

Magnusは、軍事および国家安全保障の目的を含む戦術作戦用に設計されています。最も過酷で挑戦的な環境に対応するために設計されています。

Magnusは、先進的な複合材料を活用したフルアンダーボディレベル-IIの防弾および地雷防護により、高級車のデザインと最新のテクノロジーが融合しています。

AI搭載の仮想アシスタント

Magnusには、予測アラート、経路最適化などの情報を提供するAI搭載の仮想アシスタントが搭載されています。これは軍事任務中に役立つ機能です。

将来の展望

Al Blooshi氏は、2025年までに商業用のストリートリーガルな車両「Magnum」を発売する計画が進行中であることを明らかにしました。Magnumは一般の人々が運転するためのものであり、Magnusとは異なる仕様を持つ予定です。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です