中東の要約記事を毎分お届け配信中!

英国のがんに苦しむチャールズ3世「非常に良い状態」:キャミラ

サイトを見る

キング・チャールズ3世、がん治療中

イギリスのキング・チャールズ3世の妻であるクイーン・カミラは、夫ががんと診断されたものの、「状況を考慮して非常に良い状態である」と述べました。

キング・チャールズは、南イングランドでの旅行中に「世界中から送られてきた手紙やメッセージに非常に感動している」と述べました。

キング・チャールズは、イギリス東部のサンドリンガムの王室の別荘で治療を受けており、クイーンは彼をそこに残して旅立ちました。

キング・チャールズは、母親であるエリザベス2世女王の死後、18か月足らずで王位を継承しましたが、75歳の君主は月曜日から特定のがんの治療を開始しました。

彼は一部の行政業務を続けますが、公の場にはしばらく姿を見せません。

火曜日、リシ・スナック首相はがんが「早期に発見された」と述べました。

水曜日、Downing Streetは、王と首相の週次会談が電話で行われたと発表しました。これは伝統的かつ完全にプライベートな会談であり、珍しい詳細です。

英国メディアによると、2週間以内に対面での会談が再開される予定です。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です