中東の要約記事を毎分お届け配信中!

経口避妊薬の長期使用と出産回数の増加は、子宮頸がんのリスクを高める

サイトを見る

避妊ピルの長期使用と出産回数が子宮頸がんのリスクと関連していることが示される

アブダビで開催された医学の専門家たちは、避妊ピルの使用期間が5年以上であり、複数の子供を出産することが、女性における子宮頸がんのリスク増加と関連していると述べました。子宮頸がんは女性における4番目に多いがんです。アブダビのM42のダナット・アル・エマラット病院の産婦人科のコンサルタントであり、医学ディレクターであるスミア・ザハー博士は、子宮頸がんとホルモンの関連性について重要な洞察を提供し、予防策と定期的な検査の重要性を強調しました。

スミア博士は、避妊ピルが子宮頸がんとのホルモンの関連性に与える影響について説明しました。「卵巣が生成する天然のエストロゲンとプロゲステロンは、子宮頸がんを含む特定のがんの成長を刺激します。避妊ピルなどの合成ホルモンは、これらのホルモンの人工的なバージョンであり、がんのリスクを増加させ、子宮頸部細胞の持続的な高リスクのヒトパピローマウイルス(HPV)感染に対する感受性を変化させます。HPV感染は子宮頸がんと密接に関連しています」とスミア博士は述べました。

スミア博士が示した研究によれば、避妊ピルの使用期間と子宮頸がんのリスクに相関関係があるとされています。「避妊ピルを5年以上使用している女性は、リスクが高く、避妊ピルを10年以上使用している女性ではリスクが2倍になることがわかりました。重要なことは、避妊ピルの使用をやめると、子宮頸がんのリスクが徐々に減少するということです」とスミア博士はKhaleej Timesに語りました。

子供を出産することが子宮頸がんのリスクに与える影響について話す中で、スミア博士は、より多くの子供を持つ女性は、妊娠中のHPV感染とホルモンの変化によるリスクが高くなる可能性があると指摘しました。妊娠のタイミングも重要であり、20歳未満で初めての正常な妊娠を経験する女性は、より高いリスクにさらされるとされています。

ホルモンの要因や出産以外にも、スミア博士は子宮頸がんの追加のリスク要因についても言及しました。家族歴、喫煙、食事習慣、経済状況などが子宮頸がんのリスクに関与しています。医療サービスへのアクセスの制約(検査やワクチン接種など)は、低所得層の女性にとってより高いリスクをもたらす可能性があります。

リスクを減らす方法

定期的な検査は重要です。なぜなら、子宮頸部の細胞ががんになる前に変化を検出することができるからです。検査で異常が見つかった場合は、迅速なフォローアップと増加した監視が重要です。

M42のナショナル・リファレンス・ラボラトリーの医学ディレクターであり、臨床運営ディレクターであるシュウェタ・ナラン博士は、早期発見のための正確な検査方法の重要性を強調しました。HPV感染は子宮頸がんの主要な要因であるため、主要な検査方法はパップテストとHPV検査の組み合わせです。

「検査の頻度は年齢によって異なります。21歳から29歳の女性にはパップテストのみを3年ごとに行い、30歳から65歳の女性にはパップテストとHPV検査を5年ごとに行います。パップテストと統合HPV検査による検査は、包括的なリスク評価のための感度を高めます」とシュウェタ博士は説明しました。

HPVワクチンは子宮頸がんのリスクを大幅に減らしますが、シュウェタ博士は、パップスメアを通じた定期的な検査の必要性を強調しました。「子宮頸がんは予防可能で管理可能な病気であり、早期発見とライフスタイルの変更が重要です。予防策についての意識を高めることで、女性は自分の健康を管理し、子宮頸がんの世界的な負担を軽減することができます」と述べました。

子宮頸がんを予防するために、スミア博士は禁煙、定期的な運動、果物や野菜を含むバランスの取れた食事、良質な睡眠習慣を含むライフスタイルの変更を推奨しています。「これらの変化は子宮頸がんの予防だけでなく、全体的な健康と免疫システムの健康にも貢献します」と述べました。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です