中東の要約記事を毎分お届け配信中!

米英の空爆、フーシ派の新たな標的に命中

サイトを見る

米英、イエメンのフーシ派に対する新たな空爆を実施

米国と英国は、商業船舶への攻撃を止めるための連携した取り組みの一環として、イエメンのフーシ派に対して新たな空爆を実施しました。これは12日間で8回目の攻撃であり、地下貯蔵施設やフーシ派のミサイルおよび航空監視能力に関連する場所を標的としました。この攻撃はフーシ派の能力を妨害し、低下させることを目的としています。

米海軍SEALsの2人が死亡

また、1月11日にイランからフーシ派に向けて運ばれる予定だった武器を押収するための任務中に行方不明になった米海軍SEALsの2人が死亡したと発表されました。彼らはソマリア沖でダウ船に乗り込み、弾道ミサイルおよび巡航ミサイルの部品を押収した後、船を沈めました。

バイデン大統領、攻撃を継続する意向を表明

先週、ジョー・バイデン大統領は、これまでの攻撃が予定通りの効果を上げていないことを認めました。バイデン大統領は記者団に対し、「フーシ派を止めているか?いいえ。継続するか?はい」と述べました。また、国家安全保障補佐官のジョン・ファイナーは、イラン支援を受けるフーシ派や他のグループを抑止するための軍事行動には時間がかかると述べました。

中東の緊張が高まる

中東の緊張は、ハマスによるイスラエル南部への攻撃とイスラエルの報復攻撃以来、着実にエスカレートしています。ハマスによる攻撃では約1,200人が死亡し、ハマスが運営する保健省によると、ガザ地区では25,000人以上が死亡しました。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です