中東の要約記事を毎分お届け配信中!

米英、イエメンのフーシ派反政府勢力に対し「防衛行動」として空爆を開始

サイトを見る

米英軍がイエメンのフーシ派に対する空爆を実施

ジョー・バイデン大統領は、米英軍が紅海での船舶攻撃に対抗してイエメンのフーシ派に対する空爆を行ったと述べた。バイデン大統領は、必要ならばさらなる軍事行動を命じることに躊躇しないと述べた。

米英などの連携による攻撃

米国の公式発表前に匿名の米国の関係者によると、米英などの連携により、レーダー施設、貯蔵施設、ミサイル発射装置などを含む数箇所が攻撃された。攻撃はUSSアイゼンハワー空母から発艦した戦闘機や、潜水艦や水上艦から発射されたトマホークミサイルによって行われた。

フーシ派の攻撃に対する直接の応答

バイデン大統領は、フーシ派による「前例のない」攻撃に対する直接の応答として、今回の空爆を行ったと述べた。彼は、これらの攻撃が米国の人員や民間船員、パートナー国を危険にさらし、貿易を脅かし、航行の自由を脅かしていると強調し、攻撃を容認しないと述べた。

サウジアラビアが空爆に懸念を表明

サウジアラビアの外務省は、空爆のニュースについて「大変な懸念」を持っていると声明で述べた。同省は、紅海地域の安全と安定の維持の重要性を強調し、エスカレーションを避けるよう呼びかけた。

フーシ派による船舶への攻撃

米軍によると、フーシ派による国際航行への攻撃は11月19日以来27回に上る。これにより、船舶会社は南アフリカの喜望峰を迂回するようになり、世界経済への衝撃が懸念されている。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です