中東の要約記事を毎分お届け配信中!

米国政府、イランとの紛争を求めていないと発表

サイトを見る

米国、イランとの紛争を回避する意向

米国は、イランとの紛争を求めていないと発表しました。赤海の船舶への攻撃を止めるため、イラン支援のフーシ派に対して空爆を行ったものの、エスカレートする意図はないとのことです。

イランの支援を止めるよう要求

米国の国家安全保障会議報道官は、イランがフーシ派を支援していることを認識しており、ミサイルやドローンなどの供給を止めるようイランに明確に要求しています。

フーシ派の報復に警告

フーシ派は、空爆後、米英の利益が「正当な標的」となったと発表しました。しかし、ホワイトハウス報道官は、フーシ派が報復することに対して警告しました。さらなる行動を躊躇せず、必要な措置を取る権利を保持していると述べました。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です