中東の要約記事を毎分お届け配信中!

米国の税額控除対象からテスラのサイバートラックや日産リーフを含む電気自動車がさらに減少

サイトを見る

米国の電気自動車が税額控除の対象外に

米国財務省によると、新たなバッテリー調達ルールが月曜日に発効し、日産リーフ、テスラサイバートラックオールホイールドライブ、シボレーブレイザーEVなど、多くの電気自動車が最大7,500ドルの税額控除の対象外となりました。

新たなバッテリー調達ルールの発効

財務省は12月に新たなバッテリー調達要件に関するガイドラインを発行し、米国の電気自動車供給チェーンを中国から離れさせることを目指しています。これらの要件は月曜日に発効しました。

対象車種の減少

米国の電気自動車税額控除の対象となる車種の数は43から19に減少しました。ただし、これには同じ車種の異なるバージョンも含まれています。財務省はまだ対象車両の情報を提出していないメーカーもあり、リストが変更される可能性があります。

新たなルールによる税額控除

新たなルールでは、購入者は販売店で最大7,500ドルの税額控除を申請することができます。税額控除には車両価格と購入者の所得に制限があります。

税額控除の対象外となった車種

税額控除の対象外となった車種には、フォルクスワーゲンID.4、テスラモデル3リアホイールドライブ、BMW X5 xDrive50e、Audi Q5 PHEV 55、キャデラックリリック、フォードE-トランジットなどがあります。

メーカーの対応

フォルクスワーゲンは「1月1日以降の連邦EV税額控除の対象車両の資格を確認する過程にある」と述べました。「MY2023 ID.4およびすべてのMY2024 ID.4は新たなルールの下で資格を得ることができると楽観的です」とも述べています。BMW、日産、テスラは即座にコメントを発表していません。

自動車メーカーの対応

財務省は「自動車メーカーは供給チェーンを調整し、購入者が新たなクリーン車両クレジットの対象となり続けるようにし、米国に雇用と投資をもたらすために連携しています」と述べています。フォードモーターは先月、E-トランジットが3,750ドルの税額控除を失うと発表しました。また、Mach-Eとリンカーンアビエーターグランドツーリングプラグインハイブリッドも同様ですが、F-150 EVライトニングとリンカーンコルセアグランドツーリングは控除を維持します。ゼネラルモーターズは、シボレーボルトを除くすべてのEVが一時的に資格を失うと述べ、リリックとブレイザーEVは2つの小さな部品のために控除を失っていると説明しました。GMは、調達の変更後、リリックとブレイザーEVが2024年初頭に再び資格を取り戻すと予想しており、シボレーエクイノックスEV、シボレーシルバラードEV、GMCシエラEV、キャデラックOPTIQは「調達の変更後に生産される車両は全額のインセンティブの対象となります」と述べています。2022年のインフレ削減法はEV税額控除を改革し、北米で組み立てられた車両のみが税額控除の対象となるようにし、当時の対象車種の約70%を排除しました。

テスラの税額控除の変更

テスラは12月に、モデル3リアホイールドライブとロングレンジの車両が1月1日から連邦税額控除を失うと公表しました。モデル3パフォーマンスは7,500ドルの控除を維持します。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です