中東の要約記事を毎分お届け配信中!

米国と同盟国、船舶攻撃が続く場合の「結果」にフーシ派に警告

サイトを見る

米国を中心とする12か国、イエメンのフーシ派に対し船舶への攻撃を停止するよう警告

ワシントン:米国を中心とする12か国は、水曜日にイエメンのフーシ派に対し、紅海の船舶への攻撃を停止しない場合、具体的な結果が待っていると警告しました。

ホワイトハウスが発表した声明によると、「私たちのメッセージは明確です。これらの違法な攻撃を即座に終了し、違法に拘束された船舶と乗組員を解放するよう要求します」と述べています。

「フーシ派が生命、世界経済、地域の重要な水路での商業の自由な流れを脅かし続ける場合、彼らは結果に対する責任を負うことになるでしょう」と述べています。

この声明は、攻撃が続く場合、ジョー・バイデン大統領の政権が直接攻撃を考慮しているという複数の報道の後に発表されました。

声明の署名者には、月曜日にフーシ派に「直接の行動」を警告したイギリスをはじめ、オーストラリア、カナダ、ドイツ、日本などが含まれています。

地域の国としては、フーシ派を支援するイランと特に緊張関係を持つ湾岸の小国バーレーンだけが署名しています。

フーシ派は、イスラエル・ハマス戦争でパレスチナ人と連帯しており、イスラエルと関連のある船舶を標的にしていると主張しています。

米国は、世界貿易の12%が通過する紅海の動きを保護するため、航空母艦「USSドワイト・D・アイゼンハワー」をこの地域に派遣し、連携国を結成することを早期に発表しました。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です