中東の要約記事を毎分お届け配信中!

米国、宇宙飛行士の月への予定された帰還を2026年まで延期

サイトを見る

アメリカ、月面着陸の予定を2025年から2026年に延期

アメリカは、技術的な課題と遅延を理由に、計画されていた宇宙飛行士の月面着陸を2025年から2026年に延期すると、NASAのビル・ネルソン長官は火曜日に述べました。

アルテミス計画の遅延

アルテミス計画は、ギリシャ神話のアポロの姉妹にちなんで名付けられ、地球の最も近い宇宙の隣人で持続的な存在を確立し、そこで得られた知見を将来の火星ミッションに活かすために、アメリカの宇宙機関が2017年に公式に発表したものです。

アルテミス 1の成功とアルテミス 2、3の延期

アルテミス計画の最初のミッションであるアルテミス 1は、2022年に数回の延期の後に行われました。アルテミス 2は、今年後半から2025年9月に延期され、アルテミス 3は、最初の女性と有色人種の宇宙飛行士が月の南極に足を踏み入れる予定で、2026年9月に行われる予定です。

安全性の確保と商業パートナーシップの重要性

ネルソン長官は、「安全性が最優先であり、アルテミスチームが課題に取り組むためにさらに時間を与えるため」と述べました。NASAはまた、後のミッション中に宇宙船がドッキングする月の宇宙ステーション「ゲートウェイ」の建設も検討しています。

スペースXの役割と技術的な課題

イーロン・マスクのスペースXは、まだ準備が整っていないそのプロトタイプロケット「スターシップ」のバージョンを基にしたアルテミス 3の着陸システムの契約を獲得しました。しかし、スターシップの遅延は、宇宙服の契約業者が宇宙船とのインターフェースを知る必要があり、宇宙飛行士がシステムを学ぶためのシミュレーターが構築される必要があるため、影響を及ぼします。

アルテミス計画の費用と商業パートナーシップ

2023年3月時点で、NASAはアルテミスに関連して約400億ドルを数百の契約業者に支払うことになっています。アポロ計画とアルテミス時代の主な違いは、商業パートナーシップの役割の増加であり、宇宙探査における民間企業の関与を促し、コスト削減と宇宙のよりアクセス可能性を実現するという広範な戦略の一環です。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です