中東の要約記事を毎分お届け配信中!

炎上した日本の飛行機から脱出した乗客が語る「死ぬかと思った」

サイトを見る

日本航空の飛行機が海上保安庁の飛行機と滑走路で衝突し、火災が発生

日本航空(JAL)の便は、札幌と東京の羽田空港を結ぶ日本で最も混雑している航空路線の一つです。JALは1日に16往復の便を運航しています。

しかし、JAL516便が火曜日に羽田に向かっていた際、滑走路での衝突事故が起こりました。この事故は航空専門家を困惑させるものであり、一部では奇跡的な避難と救助と評されています。

着陸直後に小型の海上保安庁の飛行機と衝突した後、Airbus A350の航空機は火の玉となりましたが、379人の乗客と乗員は全員無事に脱出しました。海上保安庁の乗員6人のうち5人が亡くなりました。

当局はこの衝突事故の状況を調査しており、航空専門家によれば、非常に異例な事故だと言われています。

乗客機が停止すると、海上保安庁の機長である39歳のGenki Miyamotoは、自身を残骸から引きずり出し、基地に無線で連絡しました。他の5人の乗員は亡くなりました。

「奇跡だった」と乗客

乗客機の客室はすぐに煙で満たされ、不安な乗客が通路を駆け上がったり、叫び声を上げる子供にしがみついたりしていました。

「ここから出してください」と一人の女性が飛行機内からの映像でロイターと共有しました。「(ドアを)開けてくれないのはなぜ?」と子供が叫んでいます。

「本当に死ぬかと思った」と東京在住の28歳のTsubasa Sawadaさんは言います。彼は彼女と一緒に札幌での休暇から帰ってきたばかりでした。「事故が起きた後、エンジンから火花が出ているのを最初は少し笑っていましたが、火災が始まった時、それはただの何か以上だと気づきました」と彼は語りました。

映像によれば、客室乗務員は「ご協力をお願いします」と落ち着いて言っているようでした。

外では、115台の消防車が現場に展開され、飛行機の後部で発生した火災が最終的に全体を包み込むようになりました。

前方に座っていたYamakeさんは、一部の乗客が非常に不安だったにもかかわらず、乗務員が迅速に避難用シュートを展開し、人々が整然と降り始めたと述べました。

航空会社は、飛行機が停止した直後に避難が始まり、すべての乗客が20分以内に安全に避難したと述べています。航空安全機関は、手荷物を回収するために一時停止することは避難中に命を危険にさらすと長年警告しています。

「客室乗務員は素晴らしい仕事をしたに違いありません。手荷物がないようです。乗客全員が無事に降りたのは奇跡です」とUKの航空コンサルティング会社Ascend by Ciriumの航空安全ディレクターであるPaul Hayesさんは述べています。

日本の運輸省の関係者は、航空会社の避難手順が「適切に実施された」と記者会見で述べました。

Sawadaさんは、降りた後約10分後に飛行機が爆発したと言います。「遅れていたら私たちは死んでいたかもしれません。なぜこれが起きたのか知りたいし、もう飛行機に乗りたくないと感じています」と彼は語りました。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です