中東の要約記事を毎分お届け配信中!

東京羽田空港での航空機衝突:日本航空のパイロット、最初は火災に気づかず

サイトを見る

日本航空機の火災、乗客と乗員が脱出後に気づく

火災に巻き込まれた日本航空機のパイロットたちは、乗客と乗員が全員脱出した後に初めて機体が燃えていることに気づいたと、木曜日に報じられた新たな詳細が明らかになった。

東京羽田空港での着陸後に海上保安庁の飛行機と衝突

この航空機は、火曜日の夕方に東京の羽田空港に着陸した後、海上保安庁の飛行機と衝突した。小型機に乗っていた6人のうち、1人以外は全員死亡した。

乗客からの映像によると、機体の下から火が広がっていた

乗客が撮影した映像によると、航空機が停止する前に火の玉が噴出し、機体の下から火が広がり始めていた。

客室乗務員が火災を報告

しかし、国営放送NHKによると、コックピットにいた日本航空のパイロットたちは、客室乗務員からの報告を受けるまで火災について知らなかったという。

緊急出口を開けるために許可が必要だった

機内には9人の客室乗務員がいたが、緊急出口を開けるためには許可が必要だったため、チーフがコックピットに報告し、機体が燃えていることを伝えたとNHKは報じた。

全体が煙で満たされ、火災が広がっていた

この時点で、客室は煙で満たされ、熱くなっており、赤ちゃんが泣き、人々がドアを開けてほしいと懇願している様子が映像に映っていた。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です