中東の要約記事を毎分お届け配信中!

最新のドバイの抽選で、一攫千金を待ち続けた人が20年かかりました

サイトを見る

ドバイの宝くじで23年ぶりに$1ミリオン当選

ドバイの宝くじ「Dubai Duty Free (DDF) Millennium Millionaire」で、待ちに待った瞬間が訪れました。59歳のゴーダ・アショク・ゴーパルさんは、23年間の辛抱強い待ちを経て、ついに1,000,000ドルの大当たりを手にしました。

ゴーパルさんは、昨年12月20日にDDFの40周年を記念してオンラインでチケットを購入しました。彼は「毎年12月20日にチケットを買うのが私の年末の恒例行事です」と語りました。

ゴーパルさんはかつて23年間ドバイに住んでおり、1999年のDDFの初めての抽選にも参加していました。彼は「当時はオンラインでの購入はできず、チケットを買うためには辛抱強く列に並ばなければなりませんでした」と語りました。さらに「私はDDFのチケットの最初の購入者の一人でした。私の前にいた人が最初の抽選で当選者になったのです」と付け加えました。

一歩先を行く

「想像してみてください、当選した人は私の一歩先にいたんです!私もいつか当たると思っていました。それ以降、毎年12月のDDFの記念日には必ずチケットを買っていました。そして、今日1月3日が私の一番運のいい日です」とゴーパルさんは喜びを語りました。

ゴーパルさんは、1999年11月のキャンペーン開始以来、222人目のインド人として$1ミリオンの賞金を獲得しました。

ゴーパルさんは現在、ムンバイの多国籍電子ソリューション会社でR&D(研究開発)責任者として働いていますが、彼は1992年にドバイで働くために初めて訪れた際に業界で経験を積みました。彼は家族と共に23年間ドバイに住んでいましたが、2015年に帰国しました。

それ以来、ドバイを訪れたことはありませんが、ゴーパルさんはドバイとのつながりを失っていません。「私はドバイの最新ニュースを読んでいます。友人とも連絡を取り合っており、デイラに店を持つ兄もいます。そして、毎年必ずDDFのチケットを買っています」と彼は話しました。

辛抱強く待つ

ゴーパルさんは過去20年間、負けても挫けることはありませんでした。彼の辛抱強く待つ能力は彼の人柄をよく表しています。

彼は「私は1,000ディルハムのチケットを買いました。私のお金が賞金になり、毎回の抽選でミリオネアが誕生することを知って嬉しかったです。今、私の番が来ました。チケットを買って賞金に貢献した他の参加者に感謝します。DDFは素晴らしい仕事をしており、私もその一員になれたことを喜んでいます」と語りました。

「私には人生や賞金を使うためのたくさんの計画があります。エンジニアとして、再生可能エネルギー源を利用して家庭用の電気を生み出すプロジェクトなどがあります」とゴーパルさんは続けました。彼は近々ドバイを訪れ、賞金を受け取る予定です。

他の当選者

水曜日にはもう1人のミリオネアが誕生しました。エチオピア国籍のハンナン・モハメド・アブドゥレフマンさんも、シリーズ445の抽選で1,000,000ドルを獲得しました。彼女は12月18日にオンラインでチケットを購入しました。

一方、サフィール・パリパラムディルさんは、Finest Surprise Series 1863で0064のチケットでメルセデス・ベンツS500(ダイヤモンドホワイト)を獲得しました。彼は4歳の息子ラヒズ・モハメドの名前をチケットに記入し、それが彼の幸運のお守りとなりました。

アル・アイン在住の34歳のアフガニスタン国籍のムスタファ・ワリ・モハマドさんは、ハーレーダビッドソンスポーツスターS(ホワイトサンドパール)のバイクを獲得しました。彼は8人の子供の父親で、アル・アインの交通会社でアカウントマネージャーとして働いています。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です