中東の要約記事を毎分お届け配信中!

早起きする人は注意、摂食障害のリスクがあると研究が示唆

サイトを見る

早起きは拒食症のリスクを高める可能性がある

ニューヨーク:早起きすることは、低体重、食事制限、体型の歪み、体重増加への恐怖などを特徴とする拒食症のリスクを高める可能性があるという研究結果が示された。

この研究では、拒食症は早起きに関連しており、うつ病、過食症、統合失調症などの他の障害とは異なることが明らかになった。

以前の研究では、食事障害と体内時計や昼夜リズムの関連性が示唆されており、睡眠などの生物学的機能に影響を与える体内時計が関与している可能性がある。

今回の研究では、マサチューセッツ総合病院(MGH)の研究者を中心とした国際チームが、拒食症と早起きの遺伝子の関連性を調査した。その結果、拒食症の遺伝子と早起きの遺伝子の間には相互関連があることがわかった。

さらに、拒食症の遺伝子リスクスコアを用いて不眠症の関連性を評価した結果、遺伝子リスクスコアが高いほど不眠症のリスクも高くなることが示された。

拒食症の治療法は限られており、現在の治療法の再発率は最大で52%に達する。また、この病気の原因はまだ明確ではない。拒食症は精神疾患の中で2番目に死亡率が高いため、新しい予防策や治療法に対する研究が切望されている。

リード著者のHannah Wilcoxは、「私たちの新しい研究結果の臨床的な意義はまだ明確ではありませんが、結果は将来の拒食症の予防や治療における体内時計に基づいた療法への研究を導く可能性があります」と述べています。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です