中東の要約記事を毎分お届け配信中!

日本地震:少なくとも20人死亡、救助隊が生存者を見つけるために「時間との戦い」

サイトを見る

日本の地震で建物が倒壊し、数千軒の家に停電

1月1日の地震で孤立した地域に到達するために、救助チームが日本で苦戦しています。報道によると、建物が倒壊し、数千軒の家に停電が発生し、20人以上が死亡したとの報告があります。

この地震は7.6の予備的なマグニチュードで、月曜日の午後に発生しました。津波が日本の西海岸に押し寄せ、一部の沿岸地域の住民は高台に避難しました。津波によって車や家屋が海に流されました。

救助活動が困難に

陸上自衛隊、消防、警察の数千人の人員が石川県の能登半島で最も被害の大きい地域に派遣されました。しかし、被害の拡大状況を正確に評価することは困難であり、被害が広範囲に及んでいることがわかっています。

鉄道、フェリー、航空便の多くが運休となり、地域の一つの空港は滑走路の亀裂のために閉鎖されました。

日本の災害対策庁によると、地震発生後、140回以上の余震が検出されました。今後数日間にさらなる強い揺れが予想されています。

被害の一部

石川県の七尾市に住む74歳の杉森信子さんは、これまでにこのような地震を経験したことがないと述べました。彼女の家は前壁に大きな亀裂が入り、家具が中に散乱しています。

道路の向かいには、住民が別の危険を回避した建物の下敷きになった車があります。

73歳の上野富士子さんは、新年のお祝いのために家に約20人がいたときに地震が発生しましたが、奇跡的に全員が無事でした。

米国の支援

ジョー・バイデン大統領は声明で、地震後の日本への必要な支援を提供する準備ができていると述べました。

日本政府は月曜日の夜、97,000人以上の人々に自宅を避難するよう命じ、スポーツホールや学校の体育館に避難させました。警戒警報が解除されたため、多くの人々が火曜日に自宅に戻りました。

原子力発電所

この地震は、2011年の地震と津波によって福島で原子炉がメルトダウンしたことから、日本の原子力産業にとって敏感な時期に発生しました。

日本の原子力規制委員会は、福井県の関西電力の大飯および高浜の原子力発電所を含む日本海沿岸の原子力発電所で異常は見つかっていないと発表しました。

最も震源地に近い北陸電力の志賀発電所は、地震前に定期点検のために2基の原子炉を停止しており、地震の影響はなかったと報告されています。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です