中東の要約記事を毎分お届け配信中!

日本はいつ通貨政策を正常化するのか?

サイトを見る

日本の困難な年初め

今年の日本は困難な年明けを迎えました。1月1日、日本の家族が新年を祝う中、能登半島で強力な地震が発生し、建物が倒壊し、大量の避難が行われました。数週間後も死者数は増え続けており、道路の損傷や大雨、土砂崩れが被災地への救助活動を妨げています。

翌日、東京の羽田空港に着陸した日本航空の飛行機が、地震避難民への支援物資を運んでいた日本沿岸警備隊の航空機と滑走路で衝突しました。367人の乗客と12人の乗員は燃えている旅客機から安全に避難しましたが、小型の沿岸警備隊の航空機に搭乗していた6人の乗員のうち5人が亡くなりました。

そして、2024年の最初の取引日である1月4日、東京株式市場は地震の被害への懸念から急落しました。市場は同日の午後にほとんどの朝の損失を回復しましたが、円は米ドルに対して弱くなり続けており、2024年には1ドルあたり141円から145円に下落しました。投資家たちは日本銀行の政策の正常化に対する信頼が低下しているようです。

日本銀行(BOJ)は現在、政策(翌日)金利、イールドカーブコントロール(YCC)、量的・質的緩和(または引き締め)の3つの政策手段を持っています。YCCメカニズムは過去12か月で3回調整され、10年債券利回りの上限は0.25%から0.5%、1%、そしてわずかに1%を超えるまで引き上げられました。しかし、政策金利は2016年1月以来マイナス10ベーシスポイントのままであり、BOJのバランスシートは日本国債をさらに購入し続けていますが、そのペースは遅いです。

経済成長を妨げたり、金融の安定性を損なったり、公的債務管理を複雑化させたりしないためには、3つの手段を「引き締める」順序が重要です。最初のステップは長期金利を徐々に上昇させることであり、これはすでにYCCの調整で始まっています。市場が待ち望んでいる次のステップは、政策金利の引き上げです。

最近までの予想では、BOJは早くも今月にもこのステップを踏むとされていました。なぜなら、日本の低迷するインフレ率は2%の目標を1年半以上上回っており、経済は2021年以来着実に回復しており、上場企業の20%が2023年に過去最高の利益を報告しているからです。さらに、労働力不足が広がり、ユーロ圏、イギリス、アメリカの利上げによって一部刺激された円安も加わり、このプロセスは既に始まっているべきだとの主張もありました。

先月、BOJの上田和夫総裁は、中央銀行が政策姿勢を引き締めることを間もなく開始するという印象を強めました。彼は、2023年末から2024年にかけて、金融当局が直面する状況が「さらに困難になる」と述べました。これにより、金融市場は混乱に陥り、12月18日から19日の政策委員会で政策の引き締めが開始される可能性があるとの見方も広がりました。

12月25日、上田氏はBOJは引き締めには開かれているが、「忍耐強く」政策を運営すると強調しました。また、上田氏は、実質的な賃上げが確認された時点でBOJが金利を引き上げることを示唆しています。日本の賃金は春に労働組合によって交渉されるため、BOJが4月25日から26日の政策委員会で金利を引き上げるとの期待が高まっています。

もちろん、何も確定したことはありません。政策の正常化に関するあらゆる決定は、賃上げやインフレ率などのデータに依存します。さらに、2年後の予想インフレ率は2%を下回っており、今月発表される予測では異なる結果が出る可能性がありますが、上田氏は2%のインフレ目標が「安定的かつ持続可能な」方法で達成されているという十分な確信を持っていないと述べています。

BOJが政策金利を引き上げ始めると、イールドカーブ(短期と長期債券の利回りの差を反映するもの)は急勾配になります。移行が徐々であれば、これは商業銀行に利益をもたらすでしょう。しかし、短期金利の急激な上昇は混乱を引き起こす可能性があります。昨年の米国のシリコンバレーバンクの失敗がそれを示しています。

BOJがマイナス金利を導入した際、現行口座には3段階のシステムが設けられ、各段階に異なる金利が適用されました:0.1%、0%、または-0.1%。政策金利をゼロに引き上げると、いずれかの2段階システム(一部にはゼロ金利、他の一部には正金利)またはすべてに対してゼロ金利の1段階システムが生じます。政策金利をゼロ以上に引き上げると、BOJに現金フローの負担がかかります。

金融政策の正常化の最も難しい側面は、量的引き締めです。BOJが単に償還債券をロールオーバーしないで急速に行うと、財務省の債務管理に悪影響を及ぼす可能性があります。さらに、BOJは低利回りの債券を高利回りの債券と交換する機会を逃すことになります。

BOJには困難な年が待っています。それは市場にも当てはまります。— Project Syndicate

(出典:Takatoshi Ito, a former Japanese deputy vice minister of finance, is a professor at the School of International and Public Affairs at Columbia University and a senior professor at the National Graduate Institute for Policy Studies in Tokyo.)

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です