中東の要約記事を毎分お届け配信中!

日本の航空機火災:沿岸警備隊機が航空機と衝突、乗員5名死亡、キャプテン重体

サイトを見る

東京・羽田空港での航空機衝突事故で5人が死亡

火曜日、日本海上保安庁の航空機が東京・羽田空港で日本航空の旅客機に衝突し、5人が死亡しました。

火災に見舞われた旅客機に乗っていた379人の乗客と乗員は全員無事に避難できたと、日本の運輸大臣が報道陣に語りました。

一方、月曜日の大地震の後、中部地方に向かう予定だった小型機の6人の乗員のうち5人が死亡したと述べました。

大臣は、機長は生き残り、負傷したが、「事故の原因を説明する段階には至っていない」と述べました。

テレビやソーシャルメディアで共有された未確認の映像によると、日本航空(JAL)の旅客機が滑走路を進んでいる最中に、機体の下部と後部から大量のオレンジ色の炎と黒煙が噴出している様子が映っています。

ソーシャルメディアプラットフォームXに投稿されたビデオでは、乗客機の側面から人々が膨らませた緊急用の滑り台を滑り降りる様子が映っており、機体の後部から炎が噴出しています。

乗客367人と乗員12人全員が迅速に機内から避難し、点滅する青いライトを持った数十台の消防車が機体に水をかけました。

しかし、翼の近くの窓から炎が出ているのを消し止めることはできず、すぐに全機が炎に包まれました。

この飛行機は、北海道の札幌にある新千歳空港から到着したと報じられています。乗客には8人の子供も含まれていました。

「機内に煙が充満し、これは本当に危険かもしれないと思った」と、成人男性の乗客が空港で報道陣に語りました。

「アナウンスで後部と中部のドアが開かないと言われた。だからみんな前から降りた」と彼は語りました。

女性の乗客は、着陸後に火災が激化する中、機内が暗かったと述べました。

「機内が熱くなってきて、正直に言って私は生き残れないと思った」と彼女はNHKのインタビューで語りました。

海上保安庁の航空機は、元日の地震で被災地に支援物資を届けるために石川県に向かう準備をしていました。

菊田文夫首相は、地震の被災者を助けるために亡くなった乗員に敬意を表しました。

「これらは被災地域に対する使命感と責任感を持った従業員でした。非常に残念です」と彼は報道陣に語りました。

「彼らの使命感に敬意と感謝を表します」と菊田氏は述べました。

JALは、旅客機が着陸後に滑走路または誘導路で他の航空機と衝突した可能性があると報じられています。

羽田空港では滑走路に燃えている残骸もありました。羽田空港は世界でも最も忙しい空港の一つです。

羽田空港のウェブサイトによると、国内線は一時運休されましたが、ほとんどの国際線の発着は通常通り行われていました。

運輸省の関係者は、事故の調査が進行中であり、両便と航空管制の間のやり取りも含まれていると述べました。

日本は数十年間、重大な商業航空事故に見舞われていません。

最悪の事故は1985年に起きたもので、東京から大阪に向かっていたJALのジャンボジェットが群馬県で墜落し、乗客と乗員520人が死亡しました。

この災害は、単一のフライトに関わる世界で最も死者が出た航空事故の一つでした。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です