中東の要約記事を毎分お届け配信中!

日本の致命的な地震から5日後、90代の女性が生きて救出される

サイトを見る

日本の地震で女性が5日後に生存

日本の西部で発生した大地震から124時間後の土曜日の夜、90代の女性が倒壊した家から生きて救出されました。この地震では少なくとも126人が死亡し、建物が倒壊し、土砂崩れが発生しました。

石川県の珠洲市に住むこの女性は、月曜日に発生したマグニチュード7.6の地震から5日以上も生き延びていました。全国放送のニュース映像では、ヘルメットをかぶった救助隊員が青いビニールでエリアを覆い、女性は見えませんでした。

生存の可能性は最初の72時間を過ぎると低下します。他の数々の劇的な救出劇も報告されており、兵士や消防士などが広範な救助活動に参加しています。

126人の死者の中には、月曜日の地震で熱湯がかかり負傷した5歳の少年も含まれています。彼の状態は突然悪化し、金曜日に亡くなりました。最も被害を受けた石川県によると、ワーストヒット地域でした。

余震により、救援物資の輸送に必要な道路が埋まる恐れがあります。既にひび割れた道路が完全に崩壊する可能性も警告されています。雨や雪が予想される夜と日曜日には、このリスクが増大しています。

最も死者が多かったのは輪島市で69人であり、次いで珠洲市で38人でした。500人以上が負傷し、そのうち少なくとも27人が重傷です。

地震により、屋根が道路上に無力に座り、その下のものが平らに押しつぶされました。道路はゴムのように歪んでいました。火事が輪島の地域を灰にしました。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です