中東の要約記事を毎分お届け配信中!

日本の地震の死者数が92人に上昇、行方不明者は242人となる

サイトを見る

日本中の救助隊が被災地に駆けつける

中部日本で発生した壊滅的な地震の死者数は92人に上り、行方不明者は242人に増えました。高齢の女性2人ががれきから救出されましたが、救助隊はニューイヤーズデーの7.5マグニチュードの地震から4日後、時間との競争になっているため、他の生存者を見つける希望は薄れています。

犠牲者の救出に向けて救助隊が奮闘

日本全国から数千人の救助隊が石川地方の道路の大穴や頻繁な土砂崩れによって塞がれた地域の数百人に到達するために余震と戦っています。地震発生から72時間後の木曜日の午後、2人の高齢女性がワジマで自宅の残骸から奇跡的に生きて救出されました。そのうちの1人はジェニファーという名前の捜索犬のおかげでした。

被災地の悲惨な状況

能登半島の港町ワジマは最も被害を受けた地域の1つで、煤の強烈な臭いがまだ漂っており、初日に数百の建物を破壊した巨大な火災からはかすかな煙が見えます。ワジマの53歳の浜谷博之さんはAFPに語りました。「ニューイヤーズデーにリラックスしていたら地震が起きました。親戚一同がいて楽しんでいました。」彼は焼けた車、崩れた建物、倒れた電柱の中でAFPに語りました。「家自体は立っていますが、今は住める状態ではありません…将来のことを考える余裕はありません」と述べました。

被災地の状況

主な地震とその後の数百の余震により、地元当局によれば少なくとも330人が負傷しました。石川地方では約3万世帯が停電し、隣接する2つの地域を含めて89,800軒の家には水がありませんでした。数百人が避難所にいました。スズ地域も壊滅的な被害を受け、漁船が沈んだり、津波の波によっておもちゃのように浜辺に持ち上げられたりしました。79歳の八千則明さんは、妻がその場所で救出された後、泣きながら彼女が死亡したことを確認しました。

日本の地震対策

日本では毎年何百もの地震が発生していますが、ほとんどは被害をもたらしません。厳しい建築基準が40年以上前から実施されています。過去5年間、能登地方では地震の強度と頻度が増しています。2011年には巨大な9.0マグニチュードの海底地震が発生し、約18,500人が死亡または行方不明になる津波を引き起こしました。また、福島原子力発電所も浸水し、史上最悪の原子力災害を引き起こしました。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です