中東の要約記事を毎分お届け配信中!

数年の遅れの後、元ニュージーランド首相ジャシンダ・アーダーンが結婚します

サイトを見る

ニュージーランドの元首相ジャシンダ・アーダーン氏がパートナーと結婚

ニュージーランドの元首相であるジャシンダ・アーダーン氏が、長年のパートナーであるクラーク・ゲイフォード氏との結婚式を開催しました。結婚式は新型コロナウイルスのパンデミックの影響で延期され、ニュージーランドの首都ウェリントンから325キロメートル離れた美しいホークスベイ地域の高級ワイナリーで行われたと報じられています。

結婚式には家族や友人、一部の同僚が招待された

結婚式には、アーダーン氏の後任であるクリス・ヒプキンス氏を含む、家族や親しい友人、43歳のアーダーン氏の元議員同僚などが招待されたとされています。

結婚式の延期とアーダーン氏の政府のCOVID-19制限

アーダーン氏とゲイフォード氏は2014年に交際を始め、5年後に婚約しましたが、アーダーン氏の政府のCOVID-19制限により、結婚式は100人の集まりに制限されたため、2022年の南半球の夏に予定されていた結婚式は延期されました。

アーダーン氏のリーダーシップと国際的な評価

アーダーン氏は2017年に37歳で首相に就任し、左派のグローバルアイコンとなりました。彼女は新しいリーダーシップスタイルを具現化し、国内史上最悪の大量射殺事件や新型コロナウイルスパンデミックの初期段階の対応で世界中から称賛されました。

アーダーン氏のその後の活動

アーダーン氏は2023年1月に首相を辞任し、ハーバード大学での二重フェローシップに任命された後、一時的に同大学に参加することを発表しました。また、オンライン過激主義との戦いに無給で取り組む役割も引き受けました。

アーダーン氏の功績に対する称号

アーダーン氏は、大量射殺事件やパンデミックを乗り越えて国を導いた功績に対して、ニュージーランドで最高の栄誉の一つであるダム・グランド・コンパニオンの称号を授与されました。これにより、人々は彼女をダム・ジャシンダ・アーダーンと呼ぶことになります。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です