中東の要約記事を毎分お届け配信中!

情報筋によると、サウジアラビアが非ムスリムの外交官のために初のアルコール店を開設する準備をしている。

サイトを見る

サウジアラビア、首都リヤドに初のアルコール店を開設へ

サウジアラビアは、首都リヤドに初のアルコール店を開設する準備を進めています。この店舗は、非ムスリムの外交官のみを対象とする予定です。情報筋と文書によると、顧客はモバイルアプリで登録し、外務省からクリアランスコードを取得し、購入には月間の割り当てを守る必要があります。

この動きは、サウジアラビアの観光とビジネスを開放するため、サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子を中心とする取り組みの一環です。また、これは、石油経済からの転換を目指す「ビジョン2030」という広範な計画の一部でもあります。

新しい店舗はリヤドの外交地区に位置し、大使館や外交官が居住する地域であり、非ムスリムに「厳格に制限される」とされています。ただし、他の非ムスリムの外国人がこの店舗にアクセスできるかどうかは不明です。サウジアラビアには数百万人の外国人が住んでいますが、ほとんどはアジアやエジプトからのムスリム労働者です。

計画に詳しい情報筋によると、この店舗は数週間以内に開店する予定です。

サウジアラビアでは、アルコールの摂取に厳しい法律があり、これに違反すると数百回の鞭打ち、国外追放、罰金、または投獄の刑が科されることがあります。改革の一環として、鞭打ちは主に禁錮刑に置き換えられています。

政府は、水曜日に国営メディアで報道されたアルコールの外交荷物への新たな制限を確認しました。国際コミュニケーションセンター(CIC)は、新しい規制が外交使節団が受け取るアルコール製品の密売に対抗するために導入されたと述べ、非ムスリムの大使館の外交官が指定された割り当て内でこれらの製品にアクセスできるようにすると述べました。

この声明は、計画されているアルコール店には触れていませんが、新しい枠組みが国際的な外交的な慣習を尊重していると述べています。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です