中東の要約記事を毎分お届け配信中!

強い人とは誰か?心の強さと抵抗力を育む方法

サイトを見る

強さの定義は多様である

強い人とは何か?それは非常に難しい質問です。

強さにはさまざまな認識があります。ドバイ在住のインド人エキスパート、シュリシュティ・バヴサールにとって、強さとは子供の頃に母親から教わったことです。誰にも尊敬されないようにしましょう。自分を主張しましょう。戦いましょう。一方、ドバイ在住のイタリア人フリーランサー、ジュリア・アンドレアーニにとって、強さとは自分自身を地に足をつけておき、世界に圧倒されない能力です。「困難に直面したときに涙を流す意味はありません」と彼女は言います。

強い人は被害者意識を持たない

ドバイ在住のライフコーチで自己啓発作家のデニス・マーフィーによれば、強い人は被害者意識を持ちません。「強い人は身体的にも精神的にも健康です。彼らは人生で被害者意識を感じなくなったところに到達しています。彼らは自分の特性にアクセスし、自信を持つことができます。同時に、彼らは他の人を助けるために身体的にも能力を持っており、他の人を自分自身の人生の共感的なリーダーにすることができます」と彼は言います。

強さの概念はしばしば誤解される

強さはしばしば痛みに耐えることと混同されることがあります。これは強さの非常に狭い理解です。イギリス人のウェルネスエキスパートでマインドセットコーチのリア・アンダーソンによれば、「強さの概念は非常によく誤解されています。それはタフに振る舞うことと同一視されていますが、それは単なる外見です」と彼女は言います。「人々はタフに振る舞うことが強さだと思っていますが、それは常にそうではありません。それは強さの本当の意味の非常に限定的なアイデアです」と彼女は言います。

自己表現と脆弱さ

他の人と自分自身を素直に脆弱にすることは、時には驚異的な勇気が必要です。それが強さです。アンダーソンによれば、「強さは常に笑顔で困難に立ち向かうことを意味するわけではありません。それは自分の気持ちを人々に伝え、自分の境界を主張することも意味します」と彼女は言います。

欠点を認める勇気

時には「私は間違っています。ごめんなさい」と言うことが一番難しいことです。

ドバイのクリニックWellthのウェルネスエキスパートで変革のコーチであるブシュラ・カーンは、これに加えて「強い人は自分の欠点を認め、自分の不完全さを公に表現する勇気を持っています。真の強さは固い外見と同義ではないことを思い出させてくれます」と彼女は言います。

主張することと攻撃的にならないこと

議論で声を荒げても、それが強い人であることを意味するわけではありません。「実際、それは弱点を攻撃で隠そうとしていることを示しています」とアンダーソンは言います。

強い人は、言葉や身体的な攻撃に頼らずに自己主張することができると、カーンは説明します。彼らは自分のニーズや感情を効果的に伝える方法を知っており、他人の感情や権利を踏みにじることなくコミュニケーションを取ることができます。

助けを求めること

時には、自分自身では特定のことができないことを認めることは大丈夫です。アブダビのライフコーチであるダニエル・フェイは言います。「私たちは仕事の締め切りを延ばすよう頼むことがあるかもしれません。多くのことを抱えている場合は、同僚に助けを求めることも大丈夫です。それは弱さではなく、むしろ賢明なことです」とフェイは言います。「そうしないと、崩壊と災害のレシピになります」と彼女は言います。

強さと回復力を培うための基本的なステップ

ブシュラ・カーンは、強さと回復力を培うための基本的なステップをいくつか紹介しています:

  1. 自己反省: 自分の価値観と信念を深く理解することから始めましょう。
  2. アクティブリスニングの実践: 会話の中で他者を本当に理解しようとする意識的な努力をしましょう。
  3. 変化を受け入れる: 自分の快適ゾーンから定期的に抜け出すことに挑戦しましょう。変化は常にあなたが浮気者であるか、何かに固執できないことを意味するわけではありません。それは異なる視点を考慮し、他のアイデアに耳を傾けていることを意味します。成長し学ぶことを意味します。
  4. 脆弱性を表現する: 信頼できる友人やセラピストと感情や恐怖を共有しましょう。感情を押し込めることは、長期的には多くの感情的なダメージを引き起こす可能性があります。
  5. 失敗から学ぶ: 失敗にこだわるのではなく、それらが提供する教訓に焦点を当てましょう。失敗して間違いを犯すことは大丈夫です。それは学び、自分自身に挑戦していることを意味します。成功するには十分に強くないということではありません。むしろ、失敗を成功への階段と見なしましょう。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です