中東の要約記事を毎分お届け配信中!

報道によると、サウジアラビアがビザの有効期限前に帰国しなかった外国人労働者に対する3年間の入国禁止を解除

サイトを見る

サウジアラビア、ビザの期限切れで帰国できなかった外国人の入国禁止を解除

サウジアラビアは、ビザの期限切れで帰国できなかった外国人に対する3年間の入国禁止を解除しました。サウジアラビアの新聞Okazによると、パスポート局は、出国再入国ビザの期限切れ前に帰国できなかった外国人を許可するよう、すべての部門に指示を出しました。この指示は2022年1月16日から有効となりました。

パスポート局は、サウジアラビアを出国し、所定の期間内に帰国しなかった外国人は、3年間の入国禁止となると発表していました。

再入国ビザを持つ外国人は、ビザに指定された期間内に国に戻らなければならず、それ以外の場合は雇用主から新しいビザを発行する必要があります。

パスポート局は、ビザの期限切れから2か月後に「出国し、帰国しなかった」というフレーズを外国人の記録に残すと当時述べていました。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です