中東の要約記事を毎分お届け配信中!

国連事務総長、パレスチナの国家承認拒否は受け入れられないと述べる

サイトを見る

国連事務総長、パレスチナ人の国家建設の権利を強調

国連事務総長のアントニオ・グテーレスは、ウガンダで開催された非同盟運動の首脳会議で、パレスチナ人の国家建設の権利を「すべての人に認められるべき」と述べました。

グテーレス事務総長は、ウガンダの首都カンパラで、「イスラエルとパレスチナの二国家解決を拒否し、パレスチナ人の国家建設の権利を否定することは許されない」と強調しました。

このような立場は、「紛争を無期限に延長し、世界の平和と安全に対する重大な脅威となり、対立を悪化させ、極端主義者を勇気づける」とグテーレス氏は警告しました。

ガザ地区の血みどろの攻撃により、国際社会は懸念を表明

パレスチナのガザ地区での持続的な流血事件は、10月7日のハマス戦闘員によるイスラエルへの攻撃がきっかけでした。

イスラエルの執拗な爆撃と地上攻撃は、その後も続き、ハマス政府の保健省によれば、ガザで少なくとも24,927人が死亡し、そのほとんどが女性と子供です。

世界保健機関(WHO)は、ガザ地区の2,400万人の住民の中で多くの人々がイスラエルの行動によって避難を余儀なくされ、人道的な住環境の悪化を非難しています。

グテーレス事務総長は、月曜日にガザでの即時の人道的な停戦を訴えました。

アメリカもパレスチナ国家の創設を支持

イスラエルの主要な同盟国であり、ハマスとの戦争での主要な支持者であるアメリカも最近、パレスチナ国家の創設を支持する立場を再確認しました。

最近、イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相は、実現可能なパレスチナ国家の創設に反対する立場を再確認し、アメリカの同盟国から批判を浴びています。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です