中東の要約記事を毎分お届け配信中!

国連センターによると、衛星画像によればガザの30%が破壊されているという。

サイトを見る

ガザ地区の建物の30%が破壊または損壊

国連衛星センターが分析した衛星画像によると、イスラエルの攻撃により、ガザ地区の建物の30%が破壊または損壊されています。

ハマスが統治するこの密集したパレスチナの飛び地では、イスラエルの攻撃で27,000人以上のパレスチナ人が死亡しています。

空爆、砲撃、解体により、市街地全体や民間インフラなどが壊滅しました。

国連衛星センター(UNOSAT)によると、「ガザ地区の総建造物の約30%に相当する驚異的な69,147の建造物が影響を受けています」と述べています。

このうち、22,131の建造物が破壊され、さらに14,066が深刻な損傷を受け、32,950が中程度の損傷を受けていると報告されています。

UNOSATは、1月6日から7日までの衛星画像を使用し、イスラエルの攻撃前の画像を含む他の6つの画像と比較しました。

UNOSATによれば、ガザ市とハンユニス地区は、前回の分析から最も被害が増加している地域です。

これらの地域では、それぞれ10,280と11,894の新たな被害建造物が報告されています。

UNOSATの分析によると、ガザ地区では約93,800の住宅が損傷していると推定されています。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です