中東の要約記事を毎分お届け配信中!

内部での生活:ブルジュ・ハリファに住むことの様子

サイトを見る

ブルジュ・ハリファでの生活の魅力

UAE全土を旅行した後、司法の不動産専門家であるエブラヒム博士は、車を駐車することや洗車することを心配する必要はありません。なぜなら、ブルジュ・ハリファのコンシェルジュがそれを世話してくれるからです。それが彼がこの象徴的なタワーに住んでいることのお気に入りの一つです。

「大きな違いを生み出すのは小さなことです」とエミラティの彼は言います。「朝の祈りに行きたいとき、下に降りてくると、車が受付で待っていてくれます。友達が遊びに来たときは、123階のラウンジで会うことができます。正直なところ、タワーを出る必要がない場合もあります。ATMからジム、スーパーマーケットまで、必要なものはすべてブルジュ・ハリファの中にあります。」

14周年を迎えるブルジュ・ハリファ

2010年1月4日に竣工し、世界最高のタワーとなったブルジュ・ハリファは、今年で14周年を迎えます。地域のイスラム建築から派生したデザインは、建築の驚異となり、数々の賞を受賞しています。

過去14年間で、このタワーとその周辺はドバイの中心地となり、毎年数百万人の訪問者を惹きつけています。その壮大な新年の花火は世界的に有名で、前席の視聴を求めて何千ディルハムも支払う人もいます。Khaleej Timesは、世界最高のタワーに住んでいる人々にインタビューしました。

「個人的な」噴水

27階に住むエブラヒム博士にとって、噴水は彼のお気に入りの特徴の一つです。「低い階に滞在しているので、噴水の美しい景色を楽しむことができます」と彼は言います。「友達の誕生日には、噴水をスナップチャットで撮影し、彼らの好きな曲と組み合わせて送ります。彼らの多くは、私の祝福を毎年楽しみにしていると言ってくれました。まるで自分自身の個人的な噴水のようです。」

タワーに5年以上住んでいるエブラヒム博士は、その中心的な立地を愛しています。「友達や家族、UAEを訪れる人々に会うときは、いつもドバイモールに来るように頼んでいます」と彼は言います。「アクセスしやすく、みんなにとって中心的な場所です。時には123階のラウンジで座って景色を楽しんでいます。」

エブラヒム博士はまた、新年の花火も楽しんでいます。「12月の間、私は仕事でロンドンにいました」と彼は言います。「しかし、私は世界中の何よりもブルジュ・ハリファの花火を見逃すわけにはいきません。」

効率的なセキュリティ

一方、インド人のサリム・ムーペンは、タワーが提供する安全性とセキュリティが最大の魅力です。「私たちの知識なしに、誰もビルに入ることはできません」と彼は言います。「世界中を頻繁に旅行する私にとって、これは非常に重要です。すべてのセキュリティシステムが効率化されており、不要な訪問者や知らない人は来ません。」

最近85階から47階に移ったサリムは、より良い景色のために低い階を楽しんでいます。「高い場所にいると、噴水をよく見ることができませんが、下にいると噴水の景色がより良く見えます」と彼は言います。「また、友達や親戚が私を訪ねてきたときに、タワーを案内することができるのも本当に楽しいです。彼らがここからの景色を見たときに、顔が輝き、目が輝くのを見ると、私の心は幸せになります。」

彼はまた、新年の花火も大ファンです。「私たち住民のためにブルジュ・パークに場所が予約されています」と彼は言います。「私の家族と私はマットを持ってそのエリアで集まり、一緒にスペクタクルを楽しんでいます。これは私たちの長年の儀式であり、私がいつも楽しみにしている年の一つです。」

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です