中東の要約記事を毎分お届け配信中!

元TikTok幹部が会社を提訴、セクシャルハラスメント、性別および年齢差別を主張

サイトを見る

元TikTok幹部が性差別と年齢差別を告発し、訴訟を起こす

元TikTokのグローバルブランド&クリエイティブ責任者であるKatie Purisは、中国の所有者が女性従業員に求める「従順さとおとなしさ」が足りないと判断したため、報復を受けて解雇されたとして、このソーシャルメディアプラットフォームに対して訴訟を起こしました。

Purisは、マンハッタンの連邦裁判所に今週提出された訴訟で、若者の採用を好む同社の幹部たちによる性別と年齢に基づく差別に関する内部告発を行った後、2022年に解雇されたと主張しています。

訴訟によると、Purisはまた、TikTokのオフサイトイベントでのセクシャルハラスメントの事例を報告しましたが、同社は適切に対応せず、被告者が出席予定だったTikTokイベントを欠席することになりました。

TikTokおよび親会社のByteDanceは、コメントの要請に直ちに応じませんでした。

訴訟における主張と反応

訴訟では、Purisの弁護士は、彼女が2019年末にTikTokに参加した後、肯定的な業績評価を受け、翌年にはByteDanceの会長であるLidong Zhangとの2週間ごとの会議に参加するように招待されたと主張しています。

訴訟は、ZhangがPurisが行ったプレゼンテーションに不満を抱いたと述べており、「彼は女性は常に謙虚で控えめであるべきだと考え、彼女がチームの成功と成果を祝ったことを不適切だと感じた」と述べています。Purisは、会社が彼女のチームを過度に管理し、彼らのプロジェクトをキャンセルすることを推奨し始めたと主張しています。

さらに、訴訟は、Purisが出席していた2021年のリーダーシップ会議で、当時のByteDanceのCEOであるYiming Zhangが「年配の人々は変化に対してより消極的で、革新的ではなく、遅い」と述べ、若く経験の浅い人を採用したいと発言したと述べています。

訴訟は、当時50歳に近づいていたPurisがTikTokのグローバル人事責任者に懸念を表明したと述べています。会社は「業績の理由」を理由に彼女の解雇を説明したとのことです。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です