中東の要約記事を毎分お届け配信中!

今、キーを押してAIを呼び出してください

サイトを見る

マイクロソフトは、キーボードの次世代を形作るために、コンピュータ業界の影響力を行使し、人工知能(AI)エージェントを呼び出すためのボタンを提供します。マイクロソフトのWindowsオペレーティングシステムを実行する一部の新しいパーソナルコンピュータには、特別な「Copilotキー」が搭載されます。これにより、ソフトウェア大手のAIチャットボットが起動します。マイクロソフトは、サードパーティのコンピュータメーカーにAIボタンを追加することで、ChatGPTメーカーであるOpenAIとの緊密なパートナーシップを活用し、生成型AI技術のアプリケーションのゲートウェイとなることを目指しています。キーボードの再設計は、1990年代に特別なWindowsキーを導入して以来、マイクロソフトのPCキーボードにおける最大の変更となります。マイクロソフトの四角いロゴデザインは進化してきましたが、このキーはWindows向けのキーボードにおいて約30年間の定番となっています。最新のAIボタンは、リボンのようなCopilotのロゴで示され、スペースバーの近くに配置されます。一部のコンピュータでは、右の「CTRL」キーを置き換え、他のコンピュータではメニューキーを置き換えることになります。マイクロソフトだけでなく、他の企業もカスタマイズされたキーを持っています。アップルは1980年代に「Command」キーを導入し、ループした四角いデザインで示されていました(一時期、アップルのロゴも付いていました)。GoogleはChromebookに検索ボタンを持ち、AI専用のキーを最初に試験的に導入しましたが、現在は廃止されました。しかし、マイクロソフトはLenovo、Dell、HPなどのサードパーティのメーカーとのライセンス契約を通じて、PC市場でより強い地位を持っています。市場調査会社のIDCによると、デスクトップコンピュータ、ノートパソコン、ワークステーションの約82%がWindowsを実行しており、Appleの社内オペレーティングシステムは9%、Googleのものはわずか6%以上です。マイクロソフトは、Copilotボタンを搭載するコンピュータメーカーをまだ発表していませんが、マイクロソフト自身のプレミアムSurfaceデバイスのライン以外にもいくつかの企業が新しいモデルを来週のラスベガスで開催されるCESガジェットショーで発表する予定です。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です