中東の要約記事を毎分お届け配信中!

乗客がキャビンドアを開け、20フィート下のターマックに落下したため、ドバイ行きのフライトが6時間遅れる

サイトを見る

エアカナダの乗客が飛行機から転落、出発が6時間遅れる

トロント発ドバイ行きのエアカナダ便が、乗客がキャビンのドアを開けてターマックに転落したため、約6時間の遅延が発生しました。

先週の月曜日の夜9時ごろ、カナダの地元当局によると、乗客が「搭乗中に飛行機のドアを開けてターマックに転落した」との通報がありました。

転落した乗客は軽傷を負い、すぐに近くの病院に搬送されました。調査の結果、この男性は事件当時「危機的な状態」にあったことが判明し、警察によって拘束されました。

トロント・ピアソン国際空港の広報担当者は、月曜日の夜にこの事件について通報を受け、エアカナダと緊密に連携して「即時の支援と必要な対応を行った」と述べました。

エアカナダはメディアの取材に直ちに応じませんでしたが、同社はGlobal News Canadaに対し、この事件がトロント・ピアソン国際空港での離陸準備中のボーイング777機で発生したことを認めました。乗客は通常通り搭乗したが、自身の経路から逸れてキャビンのドアを開けるために機体の反対側に向かったとのことです。エアカナダの声明によれば、緊急サービスと当局が迅速に現場に到着し、男性を支援したとのことです。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です