中東の要約記事を毎分お届け配信中!

中東のスタートアップにAIへの執着が成長の見通しを損なう可能性があると警告

サイトを見る

中東のスタートアップにAIへの過度な依存を警告

人工知能の台頭が続く中、中東のスタートアップは、持続的な成長の見通しを損なうことなく、先進技術に独占的に焦点を当てることを避けるよう警告されています。

ドバイのテックベンチャー企業Scalo Technologiesの共同創設者であるラシット・マカット氏は、AIに過度に依存する創業者は、市場調査、顧客フィードバック、業務効率などの他の重要なビジネス要素を見失うリスクがあると述べています。

代わりに、彼はより広範な戦略の採用に焦点を当て、ビジネスに人間の要素を加えるべきだと考えています。

「AIは効率性、イノベーション、破壊的な影響の可能性が非常に高いですが、スタートアップにとっての危険は、新しいテクノロジーへの執着が彼らを誤った方向に導くことです」とマカット氏は警告しています。「創業者は批判的に考え、新しい状況に適応し、効果的に問題を分析して解決し、複雑な状況を乗り越え、困難な決断を下し、目標を達成するための戦略を構築する必要があります。

「今日のテック主導のビジネス界では、人間の知性についてあまり話されません。しかし、問題解決能力、感情的知性、適応力の組み合わせは、スタートアップの発展にとって非常に重要です」と彼は述べています。

PWCの調査によると、AIの中東経済への貢献は、2030年までに年間20〜34%の割合で成長し、3200億ドルに達すると予想されています。

「誰もが次の革命的な解決策を探しています」とマカット氏は言います。「しかし、成功したスタートアップは、技術がパズルの一部であることを理解しており、ビジネスの開発方法にバランスを保つ必要があると知っています。」

「誰が今日の素晴らしいアイデアが長期的な成功になることを保証できるでしょうか?先端のAI技術にのみ頼ることはリスクが伴います。未検証のアルゴリズムや理解されていないモデルは、評判やビジネスの持続性に損害を与える可能性があります」とマカット氏は付け加えています。

マカット氏はさらに、「中東のスタートアップは、地域の独自のニーズに合わせたサービスを提供し、顧客体験とローカリゼーションを優先することで、テクノロジーの風景をより効果的に航海し、成長を安定かつ持続可能なものにすることができます」と述べています。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です